プロフィール

プロフィール写真

● 性別
男性
● 都道府県
新潟県

芳賀正(はが・ただし)53年、新潟市で産声。30年間で最後?が釣り担当で10年目。東京では競馬、アマ野球、アメフト、ボクシング、相撲、プロレス、芸能デスク、風俗!…関西でオリックス、近鉄、整理部、旅。

これ、な~んでおまひょ?《1362》今回をもってgooブログへ引越しまふ

2011年12月27日 17:24

111227kama.jpg

クリスマスでの、チキンの食べ残し?

まぁ、よっく見れば、すぐにわかりますねぇ。ヒレ、付いてるしぃ。

メジロのカマの塩焼きだわさ。

だども、たま~に食いたくなる、あのケンタッキーフライドチキンと比べても、甲乙つけがたい、ウマウマ度でおまふ。

レモンを絞って、美味しいダシ醤油を垂らしてさ...。

大きな魚のカマって、ほんと、身よりも、うまいんでねぇかい?

※ んなわけでぇ、今回を最後に、再びgooのブログへ引っ越しまふ。また、そちらでお会いいたしませうね。引っ越し先はこちらからどうぞ

| コメント(0) |

和歌山のメジロ美味っす《1361》

2011年12月25日 18:54

メリークリスマスざぁまふ。

お昼ごろ、和歌山県由良の船長さんからメジロ1本が届きますたぁ。

久しぶりの大きな魚っす。75センチ。

ちょっと、さばくのをグズグズしてますたけれど、明日は生ゴミの日だし、やることやらねば、あとがタイヘンだわ~。

んなわけで、頑張った。

111225mejiromamaSH3F03220001.jpg

ウチの台所はせまいし、って、普通の家庭じゃあ、こんなもんすよねぇ。

頭を落とすのと、内臓とりだすのが、ちと面倒。そこまで処理したらば、あとは、けっこう簡単。

まぁ、アジの大きいヤツだと思えばいいんだし。

111225mejirosabak.jpg

もう安心。

だどもぉ、1人じゃあとても、食べきれませぬぅ。事情があって、12月初めから、来年2月くらいまでは1人暮らしなんだよ。

主婦って、やること多いと感じていまふ。

111225mejirosasimiSH3F03250001.jpg

知人の奥さんに電話してぇ、半身を刺身や、しゃぶしゃぶにできるやうに、大皿にキレイに盛り付けてぇ、カマとか、残った刺身用ブロックもあげますた。写真は、オイラの。

1人で食べるとなるとさ、まな板で切ったらば、わしづかみしてぇ、お皿にポン!こんなもんすわさ。あひゃひゃ。白ネギとエリンギを焼いて、生醤油たらしぃ、スダチふってとぉ。白いスンドゥブなんてのも作ったわ。

脂が乗って、虫も入ってないし、ウマウマでおますたぁ。ごちそうサマっす。

年賀状も本日、一日がかりで書いて出しますたよ。140枚すかねぇ。今年は、これまでで一番多い、喪中ハガキいただいてますたから...。

 

| コメント(0) |

相生の牡蠣はまだ小さめ《1360》

2011年12月24日 10:45

垂水の「光栄」へ久しぶりに。

ケンちゃんが相生まで走って、仕入れてきた殻つき牡蠣がありんしたわ。

兵庫県の相生界隈のカキは、身がぷっくらして、味も濃厚。こっちじゃあ有名だわ。

さっそく焼き牡蠣を注文。3ケで650円っす。

ん~......でも、なんか、まだ、ちょっと小さいね。

111222kakiSH3F03150001.jpg

やっぱ、身がふくれるのは来年の1月末くらいすかねぇ、と、マスターもおっしゃる。

だども、焼き牡蠣のお汁をば、熱燗のコップ酒んなかへ垂らしこんでぇ......グビチョ。

これは、ウマウマっす。寒い夜にはサイコーざぁまふぅ。あひゃひゃ。

 

| コメント(0) |

葱を抱えた夜《1359》

2011年12月23日 23:59

クリスマスの前々日、つまりイブイブの夜、買い物帰りのオイラ。

世の中は、天皇誕生日で祝日だし、きょうから3連休んところ多いし、行き交う人々、カップルも、クリスマスの飾り、イルミネーションに演出されてか、少し華やいでいる感じっす。

111224negiSH3F03160001.jpg

あい。そんな中で、アッシは1束158円で購入した白ネギを抱えて、バス停へ急ぎ足。

さぶ!今夜は冷え込んでいまふ。ウチに帰ったら、ネギラーメン作るぞ~!! お~!

| コメント(0) |

柚子湯っす《1358》

2011年12月22日 19:27

冬至でおまふぅ。

柚子湯につかって、無病息災すかねぇ。

111222yuzuyuSH3F03180001.jpg

あい。

111222yuzuposutaSH3F03190001.jpg

 ポスターっす。書かれているのは由来だわ。

「冬至」(とうじ)→「湯治」(とうじ)→お湯に入るってことと、 「柚子」(ゆず)→「融通」(ゆうづう)って、まぁダジャレなんすねぇ。

お風呂に入って健康になり、融通よく暮らそうってことらしいですわ。

柚子そのものにも効能があり、柚子湯に入ると風邪をひきにくくなり、皮膚も強くなるんだとか。

ふ~ん。

| コメント(0) |

デイリーキッズ面「芳賀ちゃん釣り講座」最終回《1357》

2011年12月20日 12:05

きょう20日売りの、デイリーキッズ面「芳賀ちゃん釣り講座」は、今回の「料理編」、小アジの姿造りに挑戦!でおしまい。

111220kizzSH3F03090001.jpg5回連載しますたけんど、読まれた皆さん、どうですたか?

公私共にバタバタしている時期と重なっちゃって、担当の松森デスクや、整理の面担さんにご惑をおかけしますたわ。

オイラなりには、気持ちのこもった力作だった......かと、自画自賛していまふ。全国版のカラー面扱いてのも、やりがいがあって、うれしかったっす。

読まれた子供さん、オトウサン、おかーさんには、感謝しまするぅ。またねぇ!ほなら。

 

 

| コメント(2) |

養殖トラフグの「てっさ」《1356》

2011年12月20日 11:52

どことは書きませんけど、安い某寿司店で、「てっさ」を注文しますたぁ。980円だわ。

111220huguSH3F03070002.jpg

あい。ほんだらば、な、なんとぉ!養殖トラフグの白子だか(まさか肝?じゃないよねぇ)まで、たっぷり。

これが、ナイフとフォークでいただけるくらい、独特の硬さ、歯ごたえのある食感す。それでいて、濃厚にしてクリーミーな味わい。美味!

この日は、3人前しか仕込めていないとかで、アッシがオカワリしてさ、2人前ペロリンコでおまふぅ。

この値段で、こんなん食べていいんすかねぇ?身も、湯引き身、皮湯引きも、もちろんウマウマ。

養殖トラフグでも、白子は無毒だよね。肝でも、本当に当たらないなら、どんどん出してほしいところですけど...う~ぬ、ゼッタイに中毒しないなら!

でも、もし、あの白いヤツがキモだったりしたら...このお店、食品衛生法とかに引っかからんのかしら?

訴えるお客さんだって、いないとは限らないし、危ない橋わたってますよねぇ。

| コメント(0) |

鳴門マダイ撃沈《1355》

2011年12月20日 11:36

19日の朝、徳島県鳴門市の亀浦漁港に着いた、アッシとコーラー横山くんは、風の強さにイヤ~な予感。

「西村釣船」の船長さんも、なかなか外に現れず...迷っているみたいで。

結局、出るには出ますたけれど、本命のマダイは、横山くんが最初に釣った37センチが最長。あとは、手のひら級だけ。オイラ3匹。横山くんも計3匹。他の阪神沖釣りクラブの面々もご同様。

海のシケは収まらず、イケスの小アジたちも大揺れ。ノマセでメジロを、とゆふ淡い期待も、ポイントまで行くのは危険すぎるという船長判断で、早上がり...。

取材で釣りに行って、1枚も写真を撮らなかったんは、ほんに久しぶりっす。

111220awajitamaneSH3F03080001.jpg

帰り道。淡路島のサービスエリアの食堂で「たまねぎラーメン」と明太子マヨネーズ丼のセットを食し、本日初めてカメラを手に。まぁ、スープにもタマネギの味がするなって、ことくらいの記憶でぇ、頭の中は、眠気と悔しさでいっぱいいっぱい。

釣りってのは、天候に左右されますんで、こうゆふこともあるんでおまふ。

それにしても、残念す。このウラミ、30日に堂浦漁協の指定店「松義丸」で晴らしまひょ。ミミイカがエサなら、マダイは釣れたも同然?なもんで。大ミエきったりするとね、たいては失敗こくけど...。きっと、大丈夫さ。うんうん。

もし、あかなんだら、オイラの正月料理は、ナシに等しいざぁまふ。ううう。

| コメント(0) |

ヒマラヤザクラが満開っす《1354》...ただしJR新長田駅北口

2011年12月16日 21:27

あの、ヒマラヤザクラが、ついに咲きますたわ。

と、いっても、例の会社のオイラのデスクの背後に置いたヤツじゃありませぬぅ。あれは、やはり難しかったのか、葉っぱは出てきたんですけれど、そっちに栄養を奪われたのか?花の蕾は...しおれてしまいますた。

んで、兵庫県神戸市にある元祖、JR新長田駅北口のヒマラヤザクラを見にいったら、ちゃ~んと咲いておりやした。

111216sakraSH3F03060001.jpgあ~い。 ほら、すでに満開に近い状態。

毎年、酷暑とかあっても、12月中旬までには咲くんですねぇ。

ネパール地方の、たぶん標高1400メートル、カトマンズか、先日、国王夫妻が来日したあのブータンからやってきたサクラ。

ご近所の人は、ぜひ見に行ってくらはいね。

あらためて、すんごい生命力、本能を感じまふ。

| コメント(0) |

焼きアナゴ出汁の「素うどん」《1353》

2011年12月16日 21:16

焼きアナゴの出汁スープの最後の残りで、うどんを食べますたぁ。

かけそば、ってのも、味わえば、けっこうウマウマっすけれど、素うどんも、シンプルにして奥深~いお味でやんすよ。

111215anagoudonn.jpg

あい。

讃岐うどんの細いヤツっすわ。

ほんで、かかっているんが京都の「黒薬味」。

111215kurokosyou.jpg

一休堂さんのものでぇ、中身は「たかのつめ」「山椒」「ごま」「おのみ」「ゆず皮」「青のり」と表示してありんすぅ。

「かけ」の決め手は、もちろん出汁。

次に、白ネギね。

で、唐辛子だわ。ピリッと辛いのが、やっぱ、いいもんねぇ。

あっさりしていながら、滋味豊かなお味どすえぇ。あひゃひゃ。

つか、いまね、実は奥歯の歯茎がはれていて、固いの食えないんでおまふぅ。ううう。

 

| コメント(0) |

焼きアナゴの頭ダシ海苔茶漬け《1352》

2011年12月13日 22:04

焼きアナゴは捨てるところがありませぬぅ。

頭!

これが、ものすんごい良質なダシがでまふ。

ゼッタイに捨てちゃあアカンわ。

水、日本酒、鰹昆布の顆粒ダシ、塩パラリンコだけ。アクはとりませうね。このスープでお茶漬けっす。

111213yakianaatamatyaduke.jpg

実にシンプルだけれど、上質な脂があるわりに、あっさり。小茶碗に、少しだけ温めたご飯。焼き海苔をのせてさ、ワサビの風味で、どんぞ。

あと一口、お酒呑んだあとのシメにほしい!な~んてときにぃ、こんなんがあれば...最高だわ。

 

| コメント(0) |

酒蒸し「焼きアナゴ」のワサビ添え&「活トコブシ」の塩昆布乗せ《1351》

2011年12月13日 21:52

焼きアナゴをいただきますたぁ。

冷凍もきくしぃ、香ばしくてぇ、美味しいよねぇ。

オイラは、これをば、さら~に、酒蒸しにするんよ。

日本酒をぶっかけてぇ、レンジで2~3分チンでOKっすわ。

111213musiyakiananagareko.jpg

あ~い! ワサビをたっぷりつけてぇ、いただきまひょ。アナゴには、軽~く岩塩をふってありんす。

そんで、右側にあるんは、トコブシざぁまふ。

徳島産のヤツ、6つで半額の300円ほど。生きてますたわ。

このトコブシも酒蒸しに。ほんで、塩昆布を刻んで、のっけますたぁ。

お酒の、おつまみに、なかなかオツでおまふぅ。

| コメント(0) |

虎の和田新監督?と元虎の矢野?が「淡路島3年とらふぐ」PR《1350》

2011年12月12日 23:20

淡路島の福良漁協のブランドで、最近は全国から引き合いが増えたとゆふ「3年とらふぐ」と、水仙まつりのキャンペーン会場へ、行ってめぇりますたわ。

大阪のグランヴィアホテルね。

3年とらふぐはぁ、組合長さんに聞いたらば、イケスが13メートル×13メートル。網の深さは約9メートルで、その中に1・2キロ級の3年養殖フグが、約ン千匹。組合長によれば、その密度は、「まぁ、人間でいうところの、ワンルームマンションに1匹って感じ」とか。そうっすかねぇ?

とにか~く!3年養殖すると、天然の虎ちゃんに近いお味になるんだとか。

しか~し、それにしても、と思うのは...。

111212awajihuguebisu.jpg

あい。できすぎじゃあ、ないっすか?右が福良の漁協代表理事組合長の前田若男さん。頭だけで100年もの、500年の歴史を誇る淡路人形のエビスさんの後ろが、淡路人形座支配人(来年、福良港に人形座新館オープン)の坂東千秋さん。

よっく、見ておくんなましぃや。前田さんは元虎戦士の矢野ハン。支配人は、和田新監督に、よう似てませんかぁ?

「よく言われます」と前田さん。

あっ、左はクイーン淡路の魚住おねぇさんっす。

トラフグの宣伝に、この和田&矢野コンビっちゅうのはさ...ハッキリ申し上げて、いいよね!!

もっと観光協会の幹部さんは、トラフグと虎を意識して、PRには、この2人を大々的に起用すべしだわ。うんうん。

アッシは、写真撮るなら、どうしても、この2人をくっつけたかったわけ。コレしかないわなぁ。虎のデイリーだもん。

遠くにいた2人に声をかけてぇ、強引に連れてきてさ、彼女とエビスさんも加わって、ついに実現!

んで、オイラは「タイガース優勝!」って叫びながら、写真パチリ。当然、みんなも、叫びますたぁ!

111212awajihugusasi.jpg

てっさ。実際に、アッシの口に入ったんは4切れすかねぇ。ううう。参加者、多いモンでぇ。

111212awajihugusiralko.jpg

これは、てっちり。白子をのっけてぇ。あひゃひゃ。

いや~役得ざぁまふ。

つか、懐かしい休暇村関係者や、懐かしい昔の旅取材仲間、OBの記者さんに、久しぶりに会うのも、目的の1つですた。今度、いつ会えるか、わからんしぃ。みんな、いいトシこいちゃったから。

111212awajihuguhaga.jpg

おまけ(見たくない?) 地酒の「都美人」の山廃ね、ウマウマですたわ。80度の熱燗にして、フグのヒレ酒に合うお酒だそうっす。

NHK大河、平清盛とも縁の深い島でおまふぅ。水仙もヨロシクっす。温泉もあるでよぉ。

 

| コメント(0) |

豚バラ肉のハムチーズとんかつ《1349》

2011年12月10日 09:12

テレビの料理番組で覚えた、豚バラ肉を使った、小さめフライパン1つで作る、オイル少な目の、とんかつを作ってみますたぁ。

111209butabaratonnkatu.jpg

あい。6分の1に切り分けた、1ケの断面。なんか、ものすんごくキレイに撮れたますたぁ。

豚バラ肉のスライスを、マナイタに少し重ねるやうに6枚~8枚ほど敷きぃ、穴が開いたり、スキマができたところは、残りのバラ肉を切ってさ、上に貼り付けるやうに補修ね。

それを二つ折りするんだけれど、折ったら中央になる場所に、ハム2枚。ほんで、とろけないスライスチーズ1枚。さら~にハム1枚。上にチーズ1枚。ハム1枚をかぶせぇ、バラ肉を2つ折りで包みまふ。

これに、小麦粉(薄力粉)をたっぷりまぶし、溶き卵につけてぇ、もう1度、小麦粉。オイラは、再度、溶き卵につけてから、パン粉ちゃんへ。

これが1個、ちょうど入るやうなフライパンに、オイルを5ミリの深さくらいに入れてぇ、よくあったまったらば、塊を投入。弱火で、片面がキツネ色になるまで、揚げ焼き!しまふ。パン粉が硬くなって、ひっくり返すのも楽だよ。

両面が、いい色になれば、もう出来上がりだす。

具をおおうバラ肉だけに、十分な火が通ればOKなのね。中身のハムやチーズはレアでも構わないのさ。生でも、食べられるヤツっすから。

さっくりして、中身は、けっこうしっとりふんわり。水を少し抜いた、お豆腐のスライスをチーズの代わりにはさんでも、ウマウマだって。

これ、簡単。チーズのほかに、お刺身で食べられる、魚のスライスもいいっす。ブリとかマダイとか...。

中濃ソースとトマトケチャップを半々のタレをかけるか、マヨネーズ、ポン酢も合いまふ。

※さてぇ、水木曜付けのデイリースポーツの釣り特集は22日で年内ラスト。1月は4日から、これまで通り水木曜で行きますけど、オイラの原稿ネタがないんでおまふ。まずは、15日の木曜用に1本書かねばいかんのだわ。年内最後のカラー紙面。お料理ネタか、11日の晩に明石「魚英」で行われるジギングダービー表彰式から、作るか?

いまのところ、年内の釣り予定は19日に鳴門マダイ、30日にも別の船で正月紙面用に、やはり鳴門マダイ。

最初の方は、初めてヒトツテンヤでやってみようかと。後の方は活ミミイカか青ムシね。同じ海域すけれど、釣り方、タックルがまるで違うので、お許しをば。ほんとはね、ノマセでメジロが釣れているんで、そっちに興味あるんすがぁ...最初の船は、仕立てに相乗りする形なもんで、お仲間の方針(マダイ1本狙い)に従わねば...。ううう。

| コメント(2) |

残り鍋汁のリサイクル...餡かけうどん《1348》

2011年12月10日 08:53

鍋の季節、真っ盛りざぁまふ。

具を、あらかたいただいたあとのお汁ってのが、また、再利用したくなりまする。

だいたいは、鍋の中へ、温めた白米や、うどん、ラーメン(これがウマウマ)を入れて煮込み、シメとするケースがほとんどっすかねぇ。

大阪の某ちゃんこ屋さんのシメは、先にラーメンで食べてぇ、さら~に、白米の雑炊で完了。

んで、アッシは、残り汁は、お茶碗に1杯分(約300シーシーほど)は、たいてい、保存しておきまふ。

翌朝のお楽しみっす。

111209umadurazousuiannkakeudonn.jpg

あい。こりはぁ、ウマヅラハギの「ちり鍋」やったときの残り汁のリサイクル。

片栗粉を、少しの残り汁に溶いておき、小鍋に入れて沸騰した大半の鍋の汁(味見してさ、鰹昆布ダシ汁とか、水、醤油なんかで調整を)に入れ、マゼマゼ。トロミがついたら、溶き卵を流しまふ。これを、あらかじめ茹でて、お椀にとっておいたうどんに、ブワワワッとかけるだけね。

立派な「あんかけうどん」になりまするぅ。薬味ネギや唐辛子はお好みで、どんぞ。

これがぁ、寒いときの朝食に、いいわけだわ。うんうん。

ウチの鍋は、ほとんど魚介系。片栗粉は多目で、きつめの餡がオススメ。

| コメント(0) |

室温9度...さぶっ!《1347》

2011年12月10日 08:26

1週間、ん?10日間のごぶさたですた。

いろいろ、バタバタと用事がありまふ。落ち着いて、自宅のパソコンに向かう余裕がありませんですた。

さてぇ、今朝はめっきり冷え込んでおりやしたねぇ。

111209situonn.jpg

あい。ウチのマンションの居間。ガスストーブの温度を見ると、な、なんと9度。オイラの記憶によれば、今季最低の室温でおまふ。さぶいワケざぁまふわ。鼻の穴がツーンときたり...。

一昨日から強風波浪注意報なんかも出たりしてぇ、海はシケ模様だし、本格的な冬っすねぇ。東京は雪が降ったところもあるとかで。釣り取材にも、なかなか厳しい寒さになってまいりますた。

アッシは、雪国新潟育ちすが、寒がり。

オネンネするにも、そうとうな厚着すかねぇ。特に足元。ベッドから長~い足がはみだすせいと、冷え性なもんで、タイツ、靴下、さらにレッグウオーマーは欠かせませぬぅ。

頭寒足熱...などといっても、お風呂と同様に、首までスッポリ温まらんと、あかんタイプす。

従ってぇ、首巻タオルと、毛糸の帽子は必需品。まだ、毛布は使っておりませんけれど、厚めの冬用ハネふとん。ほんで、電気のエアコン暖房を20度に設定でおまふ。

トイレに立つときは、必ず毛のジャンバーをはおって...。

皆様、年末年始に風邪などひきませぬやう、お気をつけ下さいね。はいはい、とぉ。

| コメント(0) |

タコ酢《1346》マダコ酢だわ

2011年12月 4日 05:39

「タコポン」は、マダコの酢の物ね。

よくやるのは、タコブツを、刻み葱、ポン酢、一味唐辛子であえた「ネギダコポン」だけれど、今回はシンプルに、酢と醤油のみ。

111201takosu.jpg

あい。「酢ダコ」じゃあなくって、「タコ酢」でおまふ。おろしショウガを加えても、ウマウマっす。

つかさ、写真のマダコブツの切り口、この断面の瑞々しさ...伝わってますかぁ?

お店で食べるやうな、真っ白シロの身じゃあなくって、透明感があるでおまひょ。筋肉の筋がスケスケで...。

裏表、5秒ゆで、だから、中身はレア。

塩もみしたあと、水洗いするけんど、身にしみた塩加減、あるいは、ゆでるときの塩の加減がいいと、何もつけず、そのまんま食べても、ウマウマなんだよね。

タコ酢にすると、さっぱり、シコシコ、ニュクニュク。けっこう、たくさん食べれまふぅ。

| コメント(0) |

馬ちり《1345》ウマヅラハギのちり鍋

2011年12月 4日 05:24

フグの「てっちり」、マダイの「鯛ちり」と並んで、大好きなんが、ウマヅラハギの「馬ちり」だわさ。

文字通りウマウマざぁまふ。

111201umatiri.jpg

あい。 鍋から1人前だけ、お椀に取り出しますたぁ。

下処理ずみの馬は、ブツ切り。鰹昆布の顆粒ダシと日本酒、色付け程度のお醤油、塩で、薄く味付けしてありんす。これをポン酢「ちり酢一番」とモミジおろしで、いただきまふ。

ふぅふぅ、してとぉ。

なんとも、身離れがヨロシおまふなぁ。あっさり、お上品。 一緒に煮込まない、お刺身用の冷たい肝を、ちょびっと加えて...。

白菜、お豆腐、水菜がたっぷりなんでぇ、けっこう、お腹がふくれますたわ。あひゃひゃ。

残ったら、雑炊ね。ウチは翌日にごはんを入れて作ったわ。

さら~に、残りの雑炊汁に、少しダシとヒモカワうどんを加えて、翌々日に、うどん雑炊に。まる3日間、馬で楽しみますた。

| コメント(0) |

ウマヅラの薄造りっすわ...久しぶりぃ《1344》

2011年12月 3日 02:05

いやぁ~ひっさびさの釣り魚料理でおまふ。

ウマヅラハギの薄造りね。

111202umasasi.jpg

あい。こいつは、5匹釣ったなかで一番デカかった30センチのやつ。

釣って2日目の夜だわさ。

まぁ、いつも通り、肝は日本酒に漬けて冷蔵庫に1日。酒が入りすぎてんでぇ、水に漬けてしばし。

完全に血とか、臭みを抜いてぇ、そのまんま、湯通しもせずにOKっす。

薄皮の湯引きを添えて...とぉ。

アッシはポン酢モミジおろしで食べますたけれど、柚子胡椒ポン酢でもどんぞ!ウマウマ~!!!

| コメント(0) |

熱い!ウマヅラ&マダコのリレー釣り《1343》

2011年12月 1日 08:24

明石「鍵庄」さんからの、ウマヅラハギとマダコのリレー釣りに行ってきたわ。

ウマヅラは普通はさ、カワハギより長めのハリス20センチ(ハリス2~3号)の胴突き4~5本針に、ハゲ針。冷凍の海エビを小さく切って、針を埋め込む感じでぇ、付けるんでおまふ。

しか~し、アッシがこの日に試したんは、ハリス0・8号、ハリスの長さ50センチものメバル専用仕掛け4本針。無論、針はチンタメバルで6号でしたかねぇ。

船長からは「ただでさえ、いまのウマヅラはアタリが小さいし、ハリスが50センチなんかあったら、アタリが分からんはず...。20センチまでじゃないかなぁ。でも、いいと思うのなら、やってみて。ダメだったら、ウチの仕掛け、やるから」と...。

海エビは、エサ取り名人ウマヅラにかかると、身だけ食べられて、仕掛けを上げたら殻だけが針に残っている感じ。それなら、最初から、殻をむいてしまって、いわゆるムキミの1センチくらいの輪切りにしてから針を埋め込んだらヨカンベと思い、できるだけ、そうしてみますた。

111130kagiuma.jpg

朝のうちから、予想通り食い渋り。地元の釣り名人、西村さんも右トモの指定席にいたけれど、なかなか掛からない様子。

そんな中で、あい!船中第1号は、オイラね。いやぁ~気分よし。あひゃひゃ。

今年は、あんまり小さい1年ボウズは少なくて、たいがいは25~30センチ。悪くない型でおまふ。

エサ取り名人との戦いは、熱くなるしぃ、やっぱ面白いっす。どう攻略するか?針掛かりさせるか?

アッシは、さっきのメバル仕掛けと、微妙な前アタリが出たら、竿先をやや下げる感じから、逆にそろーりと上げてぇ、聴きアワセ。決して即アワセしないようにしたらば、なんとか拾えたかな。メバル用の針もクチビルにきれいに掛かってたしぃ。

 

111130kagiumanisimuratyouka.jpgまぁ、そうは言っても、竿頭になった西村さんで、活性が上がった昼前にバタバタって追い上げて13匹。数は出ないっす。

コーラー横山くんも貴重な1匹を釣りますたぁ。

111130kagiumayokoyama.jpgアッシは、事情があって、時合いの1時間に、な、なんとぉ、竿をしまって、次のマダコ用をセットするためお休みしちまったんで、ウマ5匹とサンバソウ1匹のみ。

ほんで、ラスト1時間でマダコ狙いのため、ポイント移動。ここで、300グラム級と500グラム級のタコ2杯。

111130kagitakohaga.jpgあい。これはテンヤの後ろに付けたタコエギに掛かったオイラのマダコでおまふ。

マダコは、ウマヅラと違って、思い切り力一杯にアワセて、リールは高速巻き上げね。

「仕掛けに重みが加わったな...というときは、タコはテンヤのエサに乗りかけていて、針には刺さっていないんだね。だから、強くアワセて、タコをずらして針に掛ける動きが必要」と船長からアドバイス。

掛けてからも、マダコは針から逃れようと上へ泳ぐみたいすから、急に重みが消えたみたいな、あれぇ?バレたんか?とゆふ食い上げ感覚になることも。そこで、道糸を緩めずに一気に高速で巻き上げ、マダコの食い上げスピードを抜き切らないと、イカンのよね。うんうん。

こうした動きは、ウマヅラは頭が熱くなるけれど、その反対に、ほんま、カラダが熱くなるんよ!

熱い熱いリレー!ウマヅラは買うと高い高級魚。薄造りや鍋に。

マダコも活性が上昇。9月あたりからさ、産卵のためにメスは岩の巣穴とかにこもってエサを食べなくなるし、オスも、それを守るのに必死。いまは、ちょうど産卵が終わって、体力回復期だとか。数は7、8月に比べたら、ものすごく少ないけど、型がいいわ。もちろん味も。

例年より、釣りモノの時期が半月くらい遅めすから、このウマタコリレーも年内一杯はイケそうでおまふぅ。

 

 

| コメント(0) |