プロフィール

プロフィール写真

● 性別
男性
● 都道府県
新潟県

芳賀正(はが・ただし)53年、新潟市で産声。30年間で最後?が釣り担当で10年目。東京では競馬、アマ野球、アメフト、ボクシング、相撲、プロレス、芸能デスク、風俗!…関西でオリックス、近鉄、整理部、旅。

名古屋の居酒屋の冷酒は...《1166》

2011年2月28日 07:16

三重・尾鷲へ行く途中、名古屋駅そばの「鶴八」とゆふ、創業38年、「手羽先唐揚げ」で有名なお店に立ち寄ってきただぎゃぁ。

写真は、飲み食いのあと、撮影したもんすけれどぉ、中央にあるマスを見ておくんなまし。

110227nagoya.jpg

「冷たいお酒!」って頼んだら、これが出てきたんだわぁ。

ひらったい、吸い物のお椀ね。

その上に、1合マスが置いてあるんすがぁ、なみなみと注がれた日本酒は、どんどん、どんどん、こぼれてぇ、吸い物のお椀の8分目くらいまで...。

全部で、2合近くは入ったん違いますかぁ?

これで、サービスの自家製イカの塩辛がちょびっと付いてぇ、1人前750円。

高いようだけれど、分量からしたら、納得ざぁまふ。

中身はね、確か、菊正宗の4斗樽から取り出したとかゆふ、樽酒っす。

名古屋といえば、ほら、結婚式とか、引き出物やらハデハデで、なんかさ、ドーンと分量もハンパないイメージがありんすけれど、食べ物や飲み物も、種類を含めて、ボリュウムがある感じだぎゃ。

「手羽先唐揚げ」は6本で380円。

「エビフリャ~」もあったよ。

| コメント(0) |

日本海マハタの姿造り《1165》

2011年2月27日 08:14

ガシラ続いては、マハタの姿造りだわ。

35センチくらいのもんすかね。

110225mahata.jpg ま、ガシラ同様っすね。

こちらの方が、少しは脂がありますた。

頭や中骨、腹のスキミなんかは、軽~く塩をして、チルド状態に。

あとで、吸い物にいたしやせう。

| コメント(0) |

日本海・沖ガシラの姿造り《1164》

2011年2月26日 08:03

京都・宮津養老「裕凪丸」で釣ってきたガシラは22~32センチを25匹ほど。

型がいいから、けっこうなボリュウムざぁまふ。

かなり、ご近所や会社の知人に配りますたんで、ウチに残ったんは4匹かな。

まぁ、ほかにもレンコダイ、マハタ、ベラもあるしぃ、これから三重県尾鷲の磯釣り大会取材に行ってさ、帰ってくる日曜の晩には、ガシラのチリ鍋を予定していまするぅ。

さて、ガシラは、姿造りにいたしますたぁ。

110225gasira.jpg

釣って2日目っすね。

初日は、やっぱ身がいかっていて、歯ごたえだけで、味はないすから。

皮湯引き、胃袋湯引き、肝も添えてぇ、とぉ。

きれいな白身だこと。むふふ。

ポン酢モミジオロシで、いただきやしたぁ。

お上品な白身でおまふぅ。

| コメント(0) |

日本海!京都・宮津養老「裕凪丸」の根魚五目っす《1163》

2011年2月25日 08:10

急に、話がまとまって、会社の後輩、横山君と日本海は、京都・宮津養老港を基地にする本紙指定店「裕凪丸」さんの船で、根魚五目へ行ってめぇりやしたぁ。

110224yuunagigasirahaga.jpg

ガシラ主体なんすけれど、よく釣れますたわ。

船長いわく「今が水温が低くて、一番、食いの渋い時期」だそう。

しか~し、風はあったものの、晴天でポカポカ。

経ケ岬を越えて、さらに西へ走ること、港から1時間。

水深70-90メートルで、一時は入れ食い状態も。

写真は、オイラのガシラ32センチと23センチのダブルっす。

ガシラは平均サイズが26センチの良型ばかり。

110224yuunagiyokoyamaokimeba.jpg

これは横山君のオキメバル(標準和名ウスメバル)とガシラ。

彼は、根がかりしないように、底より2~3メートル上を探っていたので、オキメバルが、よ~け釣れますたぁ。

得意のワームも使っていますたが、船で支給されたエサは冷凍イワシね。

胴突き3~5本針のオモリは60号。ハリスは4~6号っす。

110224yuunagihagakihata.jpg

これは、オイラが食べたかったマハタ。

110224yuunagisoiyokoyama.jpg

こっちは、アチキも2匹釣ったっすけど、ソイでおまふ。

ほかに、レンコダイ、ベラ、マダイ、チダイ、メジロ、ムシガレイなど、にぎやか。

何が来るか、何種類釣れるか分からないのが、根魚五目の魅力でおまんなぁ。

メダイ、ヒラメは今回はナシですたぁ。

| コメント(0) |

2匹150円だった富山産カマスをキズシに《1162》

2011年2月24日 08:08

大阪のスーパーで、富山産のカマス25センチと28センチの2匹が、下処理スミのヤツっすけど、ウロコと内臓、エラとったんが、2匹で、な、なんと150円ちゅーわけでぇ、即購入いたしやしたぁ。

ほんで、毎度のキズシね。

今回は、オネンネに忙しくて(爆)、塩に8時間も。

んだども、水でさ、塩抜きすれば、けっこうイケるもんよぉ。

お味は、このくらいでいいかな?って思ったら、身を噛むか、少し包丁で切って、味見すれば、いいっすわ。

いまの魚はカマスやサバなど、脂が乗っているからぁ、塩や酢が身に滲みこむのに、時間がかかるっす。

やりすぎると、色合いは良くないけんど、水で塩抜きすれば、味の方は、なんとか調整が利きまっせ。うんうん。

110222kamasukizusi.jpg

あい。

ちょっぴり、きれいに撮りやしたぁ。

110222kamasitariann.jpg

んで、こいつはカマスキズシを使った、イタリアンサラダだわ。

トマト、オリーブオイル、赤パプリカ、パスタにかける粉チーズ、塩コショウ、乾燥バジル。

さら~に、たまたま残っていたベルギー輸入のオリーブピクルス。

こんなのをマゼマゼいたしやしてぇ、立派な一品になりやすたんでおまふ。

カマスの腹骨のスキミなんかも、キズシにするとき、塩と酢に漬けときますた。

んでもって、これは、ガスコンロで、じっくり炙ってぇ、いただきますたわさ。

 

110222kamasuyaki.jpgほれほれほれぇ。

あのね、けっこうな料理屋さんの前菜でさ、サバのキズシを焼いたヤツとか、あるんよ。

ま、焼きサバ寿司とかも美味いわけで、同じようなもんすかねぇ。

塩と酢で〆た魚を焼くわけで、カマスのキズシつか、ハラス部分でもいっしょだわさ。

これがまたぁ、お酒の、ちょっとしたアテにいいわけでおまふぅ。

ある程度、新鮮な魚なら、腹骨のスキミは、決して捨ててはいかんぜよぉ。

もたいなぁ!

塩焼き、味噌焼き、そうして、今回のような食べ方もあるんだから、アルコール依存症でオサカナ好きの方は、ぜひ、お試しあれぇ。うんうん。はいはい、とぉ。 

| コメント(0) |

韓国冷麺の自家製スープす《1161》

2011年2月23日 00:30

深夜に、小腹がすきますたぁ。

ほんとは、んな時間にぃ、食べちゃいけないんだけれど、どうしても、何かを!

ってときに、真冬の韓国冷麺!って、けっこう、いいんじゃあないすかねぇ。うんうん。

いわゆる「大阪鶴嘴 徳山冷麺」ざぁまふぅ。

スーパーとかでさ、案外、お安く2人前パックは手に入るよねぇ。

しか~し、この前に食べたとき、1人前残っていたはずなのに、麺はあるのにさ、スープがありましぇん。

間違って、捨てちゃったのかなぁ?

んで、自家製スープをば作ることに。

これが、意外や意外!ウマウマに出来たんでご紹介いたしまするぅ。

110222reimenn.jpg

1人前はね、水300シーシーっす。

いつもの、顆粒昆布鰹ダシの素に、今回は市販のストレート昆布汁、さら~に、チキンスープの素ね。

これらに、塩をほんの少々。

熱湯に全部を溶いてぇ、韓国の粉唐辛子を適当に。んで、徳山のキムチも。

あとは、冷麺を1分、湯がいてさ、冷水でモミモミしたんを、入れたら完成っす。

ぅ~ん!

和風ダシがしっかり利いてぇ、なかなかのお味。

オイラは、練り辛子チョビットに、お酢をたっぷり。

本当なら、キュウリの千切りたくさん、湯がいた青菜、リンゴのスライス、チャーシュー、三つ葉ね。

余裕があれば、シロゴマ、松の実なんかを加えたら、モアベターよ!(小森のおばちゃま、古!)

だいたいが、みんなのお家にあるような調味料だしぃ、これだったら、麺のみ売っているから、100円くらいで、美味しい自家製冷麺ができますら。

夏だけじゃなくって、冬でもさ、韓国冷麺はウマウマだっつ~の!

呑んだあとのシメ。

風呂上りに、ビールやりながら、だとか。

額に汗して、ズルズルすすりやせう。お試しを!はいはい、とぉ。

| コメント(0) |

紙面予告っす《1160》

2011年2月22日 08:19

23日の水曜版は、安田明彦さんが三重・石鏡「幸徳丸」さんの別船で、伊勢湾のドラゴン級タチウオに挑戦。

結果、お客さんのドタキャンなどあって、出船時間が遅れ、時合いを逃したり、ウネリでアタリがでにくかったり...。2匹におわりますた。

んでも、1メートルは超えてたし、もう1匹もそれに近い幅広の良型。

120~130センチのドラゴンは不発だったものの、5打数2安打に、ご本人は納得。

脂が乗って、美味しかったそうですわ。

「さかなへん」は、マアナゴ。

釣りバカ主婦の美和チャンは、デイリー懇親会の感激と、いま話題の日本海の漂着物がいかに危険かを...。

24日の木曜版は、今井浩次さんが3連続でメバル。今回は兵庫・東二見「西海丸」の二代目船長の操船。

110224nisiumimebaru.jpg

時合いと、大きな群れが複合したときは、順番にバタバタっと竿が曲がりますなぁ。

今年は、どこの船も、けっこう繊細な仕掛けを使っておるようっす。

道糸はPE1号まで、ハリスは0・6号とか。針もちっこいよね。

すでに、エサ釣りではシラサから、シロウオに変わったところもありんす。爆釣とまではいかないまでも、竿頭なら20~50匹近く釣れる日も...。

2番手は、串本須江「しょらさん渡船」の磯で、森康人さんが寒グレを。急激な水温低下に加え、磯際作戦が通用しないようなウネリという悪条件のなか、基本の完全フカセに立ち返り、40センチを頭にそこそこの釣果。

魚は正直なものっす。刺しエとマキエが安定的になじむようにしてやれば、生体反応ナシみたいな海の、どこかから出てきて、エサを食うんですなぁ。

難しすぎて、オイラのレベルではアカンと思いますが、できる人はできるってことすかねぇ。うんうん。

「家ごはん」は、タチウオのモツ煮。買って読んでねぇ。

つか、今週は、日本海のお天気が良いそうでっせ。福井のメダイ、京都宮津の根魚。平日は空席十分だそうっすから、行きたいのはやまやまっすがぁ、仕事と車の手配が...なかなか噛み合いませぬ。

| コメント(0) |

珍味!ウツボ鍋《1159》

2011年2月21日 00:06

この冬場は、寒い日が続いたしぃ、皆さんのご家庭では、いろんな鍋物をお作りになったことざんしょうねぇ。

今回の「ウツボ鍋」は、しっかし、珍しいと思いまふぅ。

こっちの料理屋さんでも、なかなか見かけませんし。

がぁ、ウツボ料理で有名な、高知からのモノで、なんと、スーパーKOHYOに、「ウツボ鍋セット」として、先日、ありますたぁ。

110216utubo.jpg確か、1800円くらいだったかな?

もちろん、オイラが購入したのは半額。900円くらいのものですわ。

あまりに珍しいしぃ、ウツボの皮付き湯引き身は、いわゆる皮をあぶった「たたき」が大好物っす。

神戸の三宮駅そばに、「ウツボたたき」を、1人前650円とかさ、安く食わせる居酒屋、小料理屋さん、2つも知っているしぃ。

あのゼラチンたっぷりの皮や、フグとアンコウにアナゴを足して3で割ったような身も、イケイケのお気に入り。

鍋にしたら、どんなんかなぁ?って、つい買っちゃいますたよ。

110216utubonabe.jpg

鍋セットには、寒天のようなモノが入っておりやしたけんど、使わなかったっす。たぶん、寒天状に固めた、ウツボダシのスープなんでせうねぇ。

ま、ウチは、いつもの鰹昆布顆粒ダシと、今が旬のワカメの新芽を加えて、白菜とお豆腐も足して...。

皮のプニュプニュ感が、なんともいえませぬ。

一切のクサミとか、へんなクセはなかったわ。

意外なほどあっさりしてまふ。

それにしても、スーパーKOHYOとか、前に「カメノテ」売っていたマルナカってのは、たま~に、面白いものがありますよね。

ほらほら、「あぶってかも」(スズメダイ)も売っていたことあったしぃ。ほとんど売れ残っていますたけれど...。

この2つのスーパーが、比較的近くにあることに感謝!

毎日、ウロウロリンコしても、決して飽きない、オイラにとっては、刺激的で貴重な遊び場でおまふぅ。

| コメント(0) |

簡単でウマウマ!白菜&シーチキン蒸し焼き《1158》

2011年2月20日 23:38

これっすわ!

110216hakusaisi-tikinngohann.jpg

作ったんは、オイラじゃなくって、家人ですけど...。

本当に、簡単で、しかも、あまりにシンプルにして、美味いので紹介しときまふぅ。

前にテレビの料理番組とかで、やっていたヤツかもしれませぬがぁ、そのアレンジすかね。

2人前の材料は、白菜4分の1カット。シーチキンの缶詰2つ。

しっかりフタのできる鍋に、食べやすく細切りにした白菜を、ドンドコ入れてぇ、シーチキン2缶分を上に乗っけるだけ。

水はなし。

塩コショウもなし。

あとは、お鍋を火にかけてぇ、白菜から水分が出てきたら、フタしてさ、蒸し焼きにいたしまふ。

焦げつかないやうに、ときどきお鍋をゆすったりして...。

うまみたっぷりの、缶詰のオイルと、白菜の汁っけが融合して、絶妙なお味になりまするぅ。

ウチは、野菜がしんなりするほうが好きなので、軟らかくなるまで加熱。

110216hakusaisi-tiknabe.jpg

上の写真は、もうかなり食べたあとのお鍋の中っす。

あ、もちろん、いただくときには、お皿にとってぇ、ポン酢をタラタラリンコしまふぅ。

味が薄すぎると感じれば、あとから、いくらでも、お好みで調整できるのが強みすかねぇ。うんうん。

アチキは、ポン酢のみでOKですた。

ビールのアテにもいいっすがぁ、ご飯にバッチシ。

シーチキンってことは、ツナ、マグロっすよね。

それと、冬場が特にウマウマな白菜のみ。

ヘルシーなんで、バクバク、イケちゃいまするぅ。

手間いらずのわりに、極上のオカズだわさ。

ぜひぜひ、お試しをば!

 

| コメント(0) |

シタビラメのお造り...2完成《1157》

2011年2月19日 08:03

んなわけでぇ、完成でおまふぅ。

110210sitabirasasimori.jpg

あい!

シタビラメの皮湯引きも、ちょびっと添えますたぁ。

マダコの湯引き刺しも、いっしょ盛りざぁまふぅ。

シタビラメはね、なかなかの弾力があってぇ、お味は、普通のヒラメを昆布〆したような、甘みが特徴すかねぇ。うんうん。

はっきり言ってぇ、398円とは思えない、お得感ですたわさ。よしよしぃ。

| コメント(0) |

シタビラメのお造り...1《1156》

2011年2月18日 14:53

淡路産のシタビラメが、かなり出回っておりやすぅ。

たいがいはさ、お煮付けや、ムニエルにするんでござんせうねぇ。うんうん。

しか~し、オイラはお造りにしようと真剣に思ってぇ、よさげなヤツを探しまふ。

つか、初めからね、2つに切ってあるのばっかでぇ、売る側の頭には、「これを刺身で食べる」な~んてのは、一切ないんでおまひょ。

けれど、ごくごく近場の淡路島でとれたシラビラメの、切り口は、意外にきれい。

底曳き網で捕獲されて、多少の血は飛んではおりやすがぁ、十分に弾力があって、個体によっては、血抜きされたも同然の状態ではないか?とゆふようなのも、10パック見ていたら、ありんしたぁ。

110210sitabirapakku.jpg

 ほれ。ほれほれぇ。

498円だったんが、100円値引きで、3・9・8だわさ。

110210sitabiramanaita.jpg

 んで、マナイタの上でさばいてみるとぉ、身そのもは、けっこう白いでおまひょ。

十分に、お造り用として使えまふぅ。

110210sitabirasabaki.jpg

 ね。

もともと2つに、ブツ切りされていたヤツっすから、8枚のおろし身ができやしたぁ。

あとは、さらに、薄造りっぽく切ってぇ、盛り付ければOK。

完成品は、次回に!

ほならぁ。

| コメント(0) |

P追加!オール阪神さん、あんがとね~.総会無事終了《1155》

2011年2月17日 00:42

15日のデイリー釣り指定店の総会、なんとか無事に大阪の新阪急ホテルで終わりますたぁ。

毎年、ゲストで来場してくれるオール阪神さんが、今年に限って、当日の同じ時間帯に大阪のNHKでの生番組出演とガチンコ。

最後の最後まで、抜けられるかどうか...アッシは携帯電話の着信を待つ身でありんした。

そして、こちらのパーティーが宴たけなわの18時20分ごろ、オイラの携帯バイブがブーンブーン。

「いまからNHK出ます」のご本人からの連絡。

NHKのリハーサルを終えたあとの、本番までの待機時間を利用して、タクシーすっ飛ばし、駆けつけていただけますたわ。

釣りバカ主婦の美和チャンや、k-5610さん、チームアイランズの國元会長が撮影してくれた写真の一部が会社に届いてたんで、ご披露いたしまふぅ。 

110215soukaihannsinnsan.jpgお客さん、つか、会員の船長さん、ご家族、招待客のみなさんも大感激でおまふ。

五木ひろしさん、森進一さん、氷川きよしさんら共演者に迷惑がかからないよう、車をホテルの駐車場に待たせて、数分間だけ、ステージでおしゃべり。

「芳賀さんやから、来たんやでぇ!」

そう言い残して、マネジャー、付き人さんと、ホテル内を全力疾走。トンボ帰りっす。

道路が混んでいないことを祈っていますたけれど、大丈夫だったようで、ほっ!

おかげで、顔が立ちました。

師匠!あんがとねぇ。ウルウル。

2011soukai.jpgオイラの三本締めで、お開き。

うれし泣きを、こらえておりまふ。

 

110215soukaiitadaki.jpg

あ、これは、13年以上も釣果を手伝ってくれた釣り事務局の頂あつ子さん。魚英のお嬢さんから花束わたしてもらって...オイラのステージで握手。

この5月に一応、引退。釣りバカ主婦の美和チャンにバトンタッチすることになっておりまふ。

長い間、ご苦労さまですた。

 

110215soukaigoyasuda.jpg

パーティーのあと、大阪ミナミに開店したばかりの安田明彦さんの店「つり宿」に20人以上も集結。

打ち上げして、帰る直前の写真すね。

アチキの隣が、タレントの永田まりちゃん。安田夫人、やっさん、デイリーの整理部で釣果手伝ってくれている横山くんでおまふ。

それにしても、オイラは酔っぱらって、やっぱ悪役の顔だわ。自分でも思うしぃ。うんうん。

参加された皆様、関係者の方々、ほんとうに、あんがとねぇ。

 

 

 

| コメント(0) |

総会だぁ~!総会だぁ~!あぁそうかい!《1154》

2011年2月14日 18:51

明日、15日は大阪新阪急ホテルで、年に一度の「デイリースポーツ釣り指定店会」の総会&懇親パーティーざぁまふ。

んで、例年、その前は多忙を極めておるわけっすけれど、やはり、今年も、あ~忙しい。

つか、ギリギリにならないと宿題やらないガキ時代といっしょでおまふな。

旗振り役の自分が、よくないわけ。

タイマンな自分の、せいなんすねぇ。つくづく......うんうん。

でも、体調イマイチんときってのは、体力もないから、集中力、根気がない。

んがぁ、毎年、もう10年も、しのいできたわけっすから、明日の本番もなんとか、なるのかと...。

さぁて、もう、ひと仕事やっかねぇ。

それとも、明日の午前中でも、いいか?

う~ぬ。

 

 

| コメント(0) |

香川産キス100グラムで945円!《1153》

2011年2月11日 14:30

久しぶりに大阪・梅田。

仕事の前に、当然ながら阪神デパートの鮮魚売り場を徘徊いたしやす。

丸ものを売っているコーナーで、ひときわ目を引いたのは「香川産特大キス 100グラム945円」ですた。

よその鮮魚店で、スッポンが100グラム980円でしたから、かなり高価な値段でおまふ。

110211kisu.jpg

大ギスといっても、だいたいの手尺で測ると、22~24センチほどでせうかね。

越冬中のキスでやんしょうけど、どちらかといえば、ほっそり気味。

底曳き網での捕獲だから、体表に、かなりの傷みがありんすわ。

1匹あたり、80グラムあるんかなぁ?

仮に80グラムとして750円見当すかね。

しっかし、コレ、買う人、おるんでせうか?

正直な疑問でおまふぅ。

神戸の板宿市場をのぞいたら、淡路産18センチ級のキスですたけれど、5匹パックで480円ほど。断然安いし、体表面も、なかなか張りがあって、きれいですたね。

昨年末まで、寒波とは別に、海水温は下がりきらず、姫路方面の投げで、キスが掛かっておりますたが、早いところでは4月中に、遅くとも例年なら5月のゴールデンウイークあたりには、脂を蓄えた、丸々太ったキスが拝めるかと...。

それまで、買って食べるのは、やめときませうかね。板宿に、またいいのがあれば、買うかもだけど...。

結局、アチキが阪神で買ったのは鍋用に、北海道産のマダラの半身。もちろんナマす。800円は激安でおますたぁ。

 

※ きょう、明日は雪のところが多いっすね。

三重・石鏡、大阪湾~瀬戸内の垂水~明石~淡路沖などには、本日出船してメバルやガシラを釣っている船もありましたけれど、午後2時半現在、数えるほどしか、釣果報告はありませぬぅ。

12付の釣果欄は、半分広告で穴埋めせな。

皆様、風邪などひかぬよう、ご注意くだされね。

 

| コメント(2) |

サバの棒寿司《1152》

2011年2月10日 08:42

自らに課していた「毎日、ブログ更新」...てのが、きつくなってめぇりやした。

んで、1日飛びっす。これからは、空白の日もあると思いますけど、その分、ゆったりとした気持ちで、あせらずに、どっしりと、やってまいろう、かと考えますたんで、これからもヨロチクっすわ。

さてぇ...。サバのオハナシ。

サバには、マサバとゴマサバがありんす。

いまの季節は、たいがい、脂が乗ってウマウマ。

切り身なら、断面をよっく観察しませう。

ただ~し!1匹の丸ものは...要注意っす。

オイラも、先日、失敗しますた。

自分の「目利き」を過信していたんすねぇ。

三重産のゴマサバ。側線から下にブツブツ模様があるやつね。

35センチ級、1匹498円。

「お煮付け用」って表示があったのに、体表が黄金色しているんで、つい、スーパーで購入。

んがぁ、ウチでさばいてみたら、ひどい身割れ。

一応、キズシにしようと、努力はしますたけれど、さすがにダメで、塩をして1時間たっても、身がユルユルだから、これは断念。泣く泣く、廃棄処分とあいなりますた。

悔しい!

んだども、「煮付け用」と表示してあるのに、キズシにしよう、な~んて簡単に思って、買っちゃったアチキが悪いわけっす。

ほんで、翌日、今度は静岡産マサバ、やはり35センチ級、1匹698円。

110210sabasizuokakizusi.jpg

あい。棒寿司、リベンジ?成功っす!

700円前後するヤツで、「キズシにできまふ」って書いてあったし、多少は身がユルかったけれど、脂も乗っていて、OKざぁますた。

自分で作ると、ご覧の通り、ものすごく身厚の棒寿司になりますねぇ。うんうん。

これほどのモノは、なかなか売ってないよ。あっても2000~3000円はするでせう。

いろいろ、鮮魚コーナーを見ていますけんど、現在は静岡産、千葉産、新潟産、和歌山産、大分産、長崎産が出回っていて、アチキによれば、静岡産のマサバで700円以上すれば、質、味とも確かっす。

大分産マサバは半身1980円!と、関サバ同様の海域と船上〆なのか、お高いすが、脂は少ないものの、身に透明感があってね、こいつは薄造りにして、美味でやんしたわ。

ほなら、またね。

 

 

| コメント(0) |

紙面予告っす《1151》

2011年2月 8日 12:43

さてぇ、ブログ再開しましょかね。

まずは今週の紙面予告だわさ。

9日の水曜は、メーンの安田明彦さんが和歌山・加太「勝栄丸」でマダイ。

独特の「高仕掛け」という長~いヤツっすねぇ。

ビニールのギジエで、一定のスピードで巻き続けると、ガツガツガツとギジエを噛む手応えがくるそう。

それでも、まだアワセはくれずに巻き続け、ガツンと竿先が引き込まれてから大アワセ。

43センチを頭に3匹釣ったって。美味しそうです。

森下真一さんの「さかなへん」は眼張。

 

110210mebarusasi.jpgこれはオイラが前に作った薄造り。キモ、皮湯引き添え。

白、黒、赤と3種類に分類されたメバルっすけど、アチキらには新「シロメバル」より、旧「黒メバル」の方がなじみがありますなぁ。ちなみに、元「青メバル」と呼んでいた外洋から流入したとされる青っぽいメバルは、新「クロメバル」に。ややこしいっす。

釣りバカ主婦の美和チャンは初釣りもできず、釣り魚が食べたいそう。飼い猫も同じ気持ちだそうでおまふ。

木曜は、今井浩次さんが尼崎市立魚つり公園でハネの取材。

2番手は、西村加都輝さんが三重・梶賀「榎本渡船」で、磯マダイ狙い。

6歳の誕生日を迎える友人の娘さんに尾頭付きをプレゼント!

「家ごはん」は、マダイのしゃぶしゃぶ。 

110210iegohannmadaisyabu.jpg今月中旬に大阪・東心斎橋に料理店「つり宿」をオープンする安田明彦さんが、マダイのそぎ身を、きれいに並べてますわ。皮を下にするオイラとは、切り方が違うけれど、うまくできたんじゃないかなぁ。

 

| コメント(0) |

復調中っす

2011年2月 7日 06:00

ご心配をおかけしておりやす。

体調は、だいぶ良くなってきますた。

2月15日が、デイリースポーツ釣り指定店会の年に1度の総会パーティーとゆふこともありんすけれど、1月末からハードスケジュールが続いてぇ、総会準備や、いろんなイベントが目白押し。

料理ネタも仕込み途中でおまふ。

充電も兼ねてぇ、本日もお休み。

いましばらく、お待ちくださいね。

| コメント(0) |

お休みです

2011年2月 6日 23:59
| コメント(0) |

本日お休みしまふ

2011年2月 5日 19:54

メンゴですぅ。

ちょっと、腰痛がひどくてぇ、あきまへんわ。

きょうは、ブログ、休ませてねぇ。ううう。

 

| コメント(0) |

カマスの棒寿司《1150》

2011年2月 4日 01:02

いつものように、塩と酢に2時間ずつ漬けこんだら、ペーパータオルにとって、マナイタにラップを敷き、その上にカマスの開き、ほんで酢飯のオニギリを、ホイホイとぉ。 

110127kamasubou1.jpgあい。ど~ん!

こいつは、鋭い歯の口先だけを切った、頭付きね。まぁ、見栄えっすね。

ヒレとかは、酢で軟らかくすれば、かなり食べられまふ。

110127kamasubou2.jpg酢塩の漬け込みが足らないときは、ポン酢か醤油でいただきませう。

ワサビよりか、和がらしが、合いまするぅ。

※ いま、大阪の北新地から帰ってめぇりやしたぁ。

がまかつさんとの懇親会ですら。

5、6日の大阪南港インテックスでのフィッシングショーには、東京で提供しているテレビ番組で、レポーターを務めている「安田大サーカス」の3人が、ブースに来るってさ。

| コメント(0) |

高知産カマス1匹100円《1149》

2011年2月 3日 12:02

先日、高知産のカマス、1匹100円で購入しやしたぁ。

室戸の帰りに、いつも立ち寄る、知る人ぞ知る魚の卸店でおましてぇ、スーパーとかにも、当然、卸していまふ。

 

110127kamasumanaita.jpg27センチ前後はありんすし、開いてみても、いかにも鮮度はよさそう。

いまどきのヤツはね、脂も乗ってウマウマなはずっす。

このカマスは、前にもやりますたけんど、キズシが断然おいしいんです。

オイラの場合は、背開きにして、内臓と中骨を取り除き、塩に2時間、酢に2時間くらいですかねぇ。

カマスの棒寿司にいたしましょ。

完成品は、次回に!

| コメント(0) |

やっぱ!オバカさんですた...あぁタフマン《1148》

2011年2月 2日 19:46

って、写真も何もありませんけどぉ、例のタフマンね。

翌日、会社いってさ。

9階の煙草場へ。

自販機見つめて、うっふっふ。

表示変わらず140円す。

また、20円もうかるのね、って140円入れてぇ...。

チャリンコチャリンコ?

おんや?

出てきません、ですたぁ。

............。

ううう。

設定、直されたのね。うんうん。

そうでせう、そうでせう。

誰?密告したのは?

あ~、やっぱタフマンは120円じゃあなくって、140円売りなんだわ。

ぐふふぅ。

 

ってさ、昨日は、1本につき20円、もうかったんだわ。あひゃ。

オバカ!

 

| コメント(0) |

バカなわたしねぇ~《1147》

2011年2月 1日 08:01

ハーバーランドにあるアチキの会社の、タバコ場、9階の自販機が新しくなりんすたぁ。

お!珍しわ~、タフマンあるやんけぇ。

ってんで、さっそく2本購入しようと、140円って書いてあるから280円入れてぇ。

したらば、チャリンコチャリチャリ...と、お釣りが40円も!

なぬぅ?

この自販機、壊れてるだす。

2本買って、40円、もうかったわ。あひゃひゃ。

よぉ~し!

ほなら、もう1本ね。

チャリンチャリン。

ほら20円、また、もうかったでおまふぅ。うひゃひゃぁ。

たまらんでおまふ。内緒、ナイショ!

......などと、喜んでいたらば、営業関係の社員のシトがいて、「あ、そのタフマン120円設定なんすよ。表示は140円て、間違っているけれどぉ」

ん?

もうかった、わけじゃあないのね。初めから120円だったのねぇ~。 

110202tahumann.jpg んで、あい!

机の上には、タフマン3本す。

もちろん、釣果担当の後輩に、1本進呈。

しっかし、バカなアタシねぇ~、とぉ。

けっ!

うううぅ。

あほくさ。

| コメント(0) |