プロフィール

プロフィール写真

● 性別
男性
● 都道府県
新潟県

芳賀正(はが・ただし)53年、新潟市で産声。30年間で最後?が釣り担当で10年目。東京では競馬、アマ野球、アメフト、ボクシング、相撲、プロレス、芸能デスク、風俗!…関西でオリックス、近鉄、整理部、旅。

《383》メダイはヤッパ美味す!

2009年1月31日 00:28
19e5b2eaf2c3e5564332e6accecd03c1[1].jpg 新潟帰りで疲れてたんで、日本海、福井・小浜の天輝丸さんのメダイ釣りは、釣友の頂さんらに行ってもらいやした。

 船長は、今日は釣れんな、って嘆いていたそうっすけれど、40~60センチを1人9~13匹なら、けっこうなもんだわさ。ねぇ。

 アッシは、西明石の頂さんちまで行って、一番小さめの40センチ級をもらいましたぁ。

 頂さんは、皮をバーナーであぶり、焼き霜造りにしておりやしたわ。

 アッシは、ウチに帰ってから、5枚おろし。薄造りに。

 次回に続く...っす。
|

《382》深川めし...東京駅の珍味駅弁

2009年1月30日 00:41
64d58865b8cf7b619f3b28febe57e0fa[1].jpg今回の新潟ゆきでメッケもんはね...東京駅の駅弁「深川めし」だわさ。

浅利の炊き込み御飯がメーンで、上に千葉産焼きノリ、マハゼ10センチくらいの甘露煮2匹。

それから、アナゴ照り焼き2切れす。

べったら漬けにコナス漬け、タケノコなんかのさ、あっさり煮物も入ってまふ。

850円ですぅ。

マジ女性向き!オススメだわさ。

オイラは「出陣弁当」か、横浜中華街キヨウケンの「チャーハン弁当」が、やっぱイイすけどぉ。
|

《381》刺身で1人宴会...上越新幹線にて

2009年1月29日 04:35
6104ec89369d0109f626fdc407713eab[1].jpg あまり時間はなかったんですけれど、ザザッと下調べしておいた店から、つまみになりそうな刺身を買いますたぁ。

 んで、新潟から東京までの2階建て上越新幹線。

 1000円の刺し盛りセットをおっぴろげまふ。

 あ~中身は、イナダ(地元のハマチ)、佐渡産南蛮エビ(甘エビ)、マグロ、ノドグロ(長崎の)、トロサーモン、ヒラメのエンガワ。

 こんなんが、3切ずつついたヤツっすね。あんどぉ、北海ダコのスライスも。

 ワサビは付いてましたけれど、醤油がない。

 ってんで、どうせ買うならと、「黒酢 昆布ポン酢」を。

 刺し盛りパックの上ブタを、逆さにして、ワサビとポン酢をドババ。

 大根のツマやら、大葉を漬けて、こいつも、良いツマミっすわ。

 周りのお客さんが、ジロジロリンタン見るのを無視して、菊水酒造の濁り酒、サッポロ一番しぼりをプシュシュゥ。

 刺身パーティーの、はじまりはじまりぃ~。

 けっこう揺れるんで、右手にオハシと濁り酒、左手に缶ビール姿。

 ほんで、越後湯沢あたりで、もう、カンショクっす。

 あとは、終点の東京まで爆睡......。

 東京から新幹線、乗り継いで、帰ってめいりやしたがな。

 モチ、その車内でも、今度はシウマイ弁当で、パーティーやってますたけど...。

 あっ、一眠りしたんで、そろそろ、生ゴミを出しましょかね。

 さすがに、お疲れ気味だから、体調良かったら、未明から行くつもりだった、福井・小浜のメダイ釣りは、釣友2人に任せますたわ。

 よ~け釣れたら、1匹持って来てね...って、電話しときました。あひゃひゃ。

 また、寝よ~っと。
|

《380の続》新潟は短時間でしたが...激忙2

2009年1月28日 22:02
37da105f5235386673cd9d9bf15d5b5f[1].jpgもうすぐ京都す。

 あー新幹線からのケータイ投稿なもんでね...文字数制限とかに引っかかって、ケツ切れしたり、前の写真違ったりで、こういうカタチでの続編!

 ちゅ~わけでぇ...。

 イカが続きっす。


 『ビックリはイシモチ1匹24センチほどが300円...こ、コレが兵庫産!

で、ま、なんとか、私用の件が、かなりまとまって、30分くらいさ、お茶したり、45年ブリに会った幼なじみ(相手はオイラの記憶なし)やら、近所だったお母さん(アッシの人相が変わってしまったのでせうか、これまた覚えていないとか)に会って、スゥンゴォさあ、懐かしかったよぉぉぉぉぉ~。

 本町市場で...いつもの、スジコ100グラム800円のヤツと、塩抜きせにゃならん十全ナスの漬け物など購入してとぉ、新潟ラーメンも食べてとぉ...。

 忙しーっす!

 あとは、帰りの新幹線車内で刺身おっぴろげてね...。』


 ちかれた...明日報告でふ。
|

《380》新潟は短時間でしたが...激忙

2009年1月28日 18:35
90fcfeb03633dd782fe85171d23d7adc[1].jpg
あー新潟どすぇ。

残雪は、当然ありまふ。

ぐぁ、快晴ポカポカってさ、予報以上だわさ。

厚着ぬぐしぃ、オイラの雪靴、コーナンで1390円(激安)くらいだったけどさぁ~必要有馬温泉?ジャンカ。

不動産屋の美形、二瓶ちゃんにも会えたし、存在感ありすぎの社長の毒気をさ、上手く薄めてくれて、しっかり仕事。

ま、あんがとね...。

新潟から、オイラのブログも、ちゃ~んと見てくれはってるのは、モノスゴゥ、うれしい。

再び、二瓶さんに感謝っす!

んで、集合時間に遅刻す。

だって、駅前の東急イン下の利休庵へぎそば、は食わないかん(爆)しぃ、鮮魚の下調べもしたす!からぁ。うんうん。

下調べの結果、地魚は、あんまなかったね。

写真上中央ノドグロ(アカムツ)は1匹2500円でしたけれど、長崎産すわ。

がっかり。でも年末年始に8000円はしてたはずの、佐渡産ズワイカニは、なんと2000円て、どうなってるんすかねぇ。うーぬ。

ハチメと書かれたウスメバル(関西じゃオキメバル)青森産!1500円でしたな。
次回に続く!
|

《379》東京新橋の夜...。

2009年1月28日 10:52
281023e7eb3d0b62f09c431433491cd9[1].jpg27日夜の東京での話だわさ。明日朝に新潟行かんとならんけん、早めに東京まで移動してきますたぁ。

さて、新橋といやぁ~さ、もう20年以上前から、会社がヤクルトホールそばにあった関係で、あちゃこちゃ呑み回りやしたなぁ。

いまだに、東京へちょんの間、立ち寄りる機会があれば、まずは烏森神社トイメン角の、田子作へ。

博子ママは右目ものもらいの赤タン隠すんで眼帯してたけれど元気!

暖簾出す前の仕込み中に入れてもらいました。

写真にある、山形産青アサツキのヌタと、1・4キロあったアイナメの活き〆刺身を食わせて頂きますたわ。

新潟へ移動前夜の、ほんの束の間すけれど、さらに馴染みの居酒屋さんを、入店せずに、外からのぞかせてもらったわ。

3店のうち、相変わらずの繁盛ぶりは新橋駅前ビル1階の和作だけでした。

店の外までお客様、あふれ出ていたのも、昔と同じす。

二度、店を通り過ぎて、主人と目が合いそうだったけれど、元気そうでしたわ。

主人は忙しいし、オイラは時間ないしで...顔見せたら、長くなります。

また、ゆっくりね。
|

《378》朝霧焼き!

2009年1月28日 00:06
6cba050b97677e31ecd59ef75a7c4525[1].jpg神戸のお好み焼き、たすけ亭~で食べた鉄板で作るタコ焼きの一種っす。

メニューにはありまへんが、言えば作ってくれるんす(笑)

明石のは、たまご焼きとも明石焼きとも呼ばれてますけれど、普通の大阪のタコ焼きより、フワフワっすよねぇ。そのフワフワは残ってますわ。

んで、神戸から見たら、明石の手前にある朝霧の名を冠したタコ焼きが、まんま、この朝霧焼きってゆふのれすぅ。

タコ焼き器は使いません。

簡単に言えばさ、厚焼きたまごん中に、タコが含まれているようなもの。

あったかい出汁つゆにつけて頂きまふ。

出汁巻きたまご作るフライパンの、かなり大きめに、卵3個と小麦粉にネギとタコブツを入れまふ。

それが写真のヤツで1人前す。

下手したら、2人でも食い切れないかもす。

すごいボリュームれすわさ。

確か、1人前900円だと思いまふ。

マスターの前のカウンターに陣取って、チビチビやりながら観察すると、ひっくり返すときの気合いや音なんか迫力あって、めちゃ面白いですよ。アヒャヒャ!
|

《377》魚のお茶漬け

2009年1月27日 00:02
1abf250766400cebe9994be871bfa1d9[1].jpg 夜中のNHKの再放送で「ご当地バトル」みたいなんやってますたぁ。

 その中で、やっぱ食べモンに興味津々すよね。

 まずは、京都・伊根の寒ブリ茶漬け。上品な脂があって、見てるだけでヨダレもん。

 和歌山・那智勝浦のマグロ料理...目玉の唐揚げや脳天の身はとりわけ美味そうですたぁ。さらに、寒干しの塩サンマをほぐしてのサンマ茶漬けも、ヨカですねぇ。

 兵庫・浜坂のズワイガニは、メスのセコガニの殻や内子に外子(赤っぽいのより、黒っぽい方が中のミソもたっぷりとか)の味噌炒めをふんだんに使った、カニ飯...。

 どれも、ぜいたくな味でしょうなぁ。

 んで、26日の鉄腕ダッシュも見たんだけれど、静岡の塩カツオ(まるまる1匹)の切り身を、お茶漬けにしてましたな。塩っ気と、熟成したカツオの出汁が、にじみ出るわなぁ。作り方は塩鮭と同じみたいすけれどね。

 こういう番組に刺激されて...食いしん坊メタボのオイラは夜中に、お茶漬けを...。

 冷蔵庫にあった、マダイの切り身の塩昆布〆と、永谷園のノリ茶を使って、簡単にサラサラリンコっすわ。あひゃひゃ。

 ※27日は仕事して、夜から東京へ。28日に実家のあった雪の新潟で、大切なハナシをまとめなくちゃいけないんで...。

 飛行機は、冬場はアテになりませんからね、計算できる新幹線が便利っすわ。

 ついでに、東京でマグロ赤身、青柳、鯖、トリ貝のお寿司は必ず食べたいしぃ、新潟じゃあ、へぎそばと、魚介出汁のラーメンは外せないしぃ...。新鮮な南蛮エビや、筋子も...。お金も時間も、足りないかもですぅ。ううう。
|

《376》ヒラメうまかっちゃん!

2009年1月26日 00:01
2e0438cdd34d189fd870ab43cb53e37a[1].jpg居酒屋さんとか、お寿司屋さん、お魚屋さんちゅ~ところとは、1つでもいいからさ、仲良くなっておくべきっすね。

まぁ、常連さんになるちゅ~か、商売以外でも付き合ったり、相談ごとしたり...。

年明け初めて、新長田の居酒屋漁火さんへノレンあけ直後に顔出ししたら、オススメの魚ヒラメの薄造り680円でしたかね。

はい、ラッキー!サービスな~んてワケでさ、鮮やかなピンクの肝とエンガワをタップリ付けてくれますたぁ。

ありがたやアリガタヤっす。

マスターは巨人ファンだけど、デイリーの宅配とってくれたしぃ。

これも、お互いに釣り好きが縁すかね。

ってか、初めて店にふらりと入ったとき、テンコチの天ぷらがあって、懐かしいは美味いわで。

こういうさ、見てくれは良くないのに、食べたらイケる魚を知っているから、お代わりして、マスターごと気に入っちゃったんよね。

気さくなママさんとも同世代で話合うし。

遅ればせながら、本年もヨロチクっす。
|

《375》イイダコ安くて美味っす!

2009年1月25日 01:14
3e987f7b3f60c824eec76825e2b401ec[1].jpg イイダコが鮮魚店やスーパーで出回ってますね。マダコより、かなり安いっす。

 4杯くらい入っているパックもんで、そのうち1~2杯くらいは、イイダコにしては大きめのが交じってるのを選びまふ。

 前にも、書きましたけれど、オイラは「飯」(卵)の入ってない、いわゆるスボダコが好きっす。

 「飯」のあるものよりも安いしぃ、味が濃いんとちがいますかぁ。栄養を奪われていないからすかねぇ。

 湯引きブツ用に、2人前分なら、総額330円くらいもあれば十分すぎますよ。

 んで、よっく、塩もみして、吸盤の汚れを、しごくように落としてとぉ、水洗い。

 沸騰した、塩入りのお湯に、足先からソロ~リ。丸まったら、ひっくり返して、10~15秒以内でOKだわさ。水にとって、さましたら、ペーパータオルで、水分をフキフキ。

 あとは、目と口を包丁で切りのぞいて、適当な大きさにブツブツとぉ。

 恒例の「磯じまん」の梅肉で、一杯やりまひょ。ウヒャヒャ。

 デカめに切ったヤツを、少し残しておいたりして、串刺しにしてさ、軽~くあぶる。

 この塩焼きも、オツなもんでふぅ。

 本日は、新大阪で、大阪府釣連盟の懇親パーティー。

 呑まねば。昼間っから(爆)。今後1カ月半くらいは、ほぼ毎週、友好釣り団体の総会&懇親会のスケジュールでビッシリっす。これも、お付き合い、ってか取材ですからぁ。釣り担当記者としての、ちゃ~んとした、お仕事なんですぅ。
|

《374》青柳お造りだよ!

2009年1月24日 00:20
e2d1a397e502dd49dfed9be8759467d8[1].jpg 泉佐野の青空市場で買ってきた、青柳さんを、ていねいにさばきました。

 手間はかかりまふね。スキマから2カ所の小柱(貝柱ね)をすいて、開きます。

 そのあと、内臓部分を切り取り、食べられるオレンジ色のベロと、小柱に分けて、塩水で洗います。

 ベロは、さらに、包丁で開くんすけれど、指を切らんように気をつけませう。

 このベロなんか、開いている最中にも、うごめく生命力の強さっす。

 そりゃあ、生きてるヤツだから、当たり前なんだけれど、新鮮さに、改めて驚きっすわ。

 味...そりゃあ、もう、甘さがあって、感激!でしたぁ。
|

《373》天国!泉佐野青空市場

2009年1月24日 00:18
3767d073db14367c0b94c8d20e201515[1].jpg岬町の釣り堀オーパ!!の帰りに、泉佐野にある「青空市場」ってとこに、立ち寄りますたぁ。

 オイラにピッタリの、新鮮で安くて多彩な魚介類が売っているんですね。

 釣りエサにもしている、神戸方面では「川津エビ」とも呼ばれている、いわゆる海エビを、買わず、ではなくて喜んで買いましたわ。

 トロ箱に、あれ、何匹入っているんでせうか?

 500匹以上はあるような...。もちろん、全部、生きてます。

 1箱600円のヤツを、オバチャンは100円負けてくれて、なんと500円。

 これを、帰ってから塩茹でに。アツアツをむいて食べますたぁ。クセになる味ですわ。

 食べきれないから、翌日、ヒマみて、カラむき!

 けっこう手間かかりますけれど、30~40匹むくと、コツみたいなんが分かります。

 サラダや、オムレツとかにイイですよ。

 魚は、ウチの冷蔵庫にも、まだあるから、目に付いたのは貝す。

 貝塚市の近くだし、なんか、貝と関係あるのか、とにかく、いろんな貝が売ってますた。

 赤貝10個くらいで900円とか、破格っすよね。

 カラ付きカキも魅力的だったけれど、オイラがゼッタイに欲しかったんは「アオヤギ」→青柳→バカガイっす。

 東京のお寿司屋さんに行けば、真っ先に注文する、青柳の握り。あの身がオレンジ色の貝ですわ。

 それが、生、ってか生きたヤツを売っているんですから、すんごい!9個くらいで、600円でしたかね。

 あと、カラ付きホタテも安かったから、8個で1000円のを買いました。

 ズワイガニ、アンコウ、天ぷらネタに最高のメゴチなんかも激安でしたね。

 皆さんも、ぜひ、機会があれば寄ってくらはい。きっと、お宝が見つかるよ。
|

《372》あら簡単!マダイ&クロソイ&海エビ酒蒸し餡に感嘆!

2009年1月23日 01:04
22accada023366fcc87b44930ea66b66[1].jpg
 マダイ、クロソイの造りは、食べ切れませんでしたから、翌日に、数切れずつ&海エビを塩茹でしてむいたものを加え、小皿に。

 軽~く塩して、日本酒ヒタヒタっす。

 はい、おなじみのレンジの簡単酒蒸しれす。ラップを、ピッチリとはせずに、少量だから、600ワットで1分ちょいかな。

 沸騰してアルコールが飛べば、もうOKすかね。

 その、前に、チョッピリの片栗粉を水で溶いておきませう。

 レンジの中で小皿が沸騰して、アワが出たら、止めます。

 んで、手早く、水溶き片栗粉を流し込み、お箸でグルグルよっくマゼマゼ。

 すると、適当に、うまい具合に粘りが加わり、なんか、料亭で出てくる、小粋な蒸し物の餡かけっぽいモノが完成っす。

 そのまんまでも、塩気と魚からの出汁が効いて、うまいっすけれど、ポン酢たらしてもヨカですタイ。

 あれば、柚子の千切りを、テッペンにチョロりんこ。

 新潟から取り寄せた、吟醸〆張鶴のヒヤのアテにしたざんす。ウマウマ。
|

《371》美味!クロソイ

2009年1月22日 13:56
5586f3580bc3521bc5911a68135b8154[1].jpg
 あれだけのオサカナをさばくのは、ちと手間がかかりますんで、オイラはマダイ2匹とクロソイ2匹だけ、いただきますたわ。

 そのクロソイの刺身が、メバルとマゴチを足して2で割ったみたいな味で、カリコリ歯ごたえもあって、しかも甘い!

 思った以上に美味しかったれす。

 あ~、冬場ってこともあるんでやんしょうかね、マダイも養殖特有の、へんな脂っこさがなくて、身が、よく締まっておりますたよ。うんうん。

 釣り堀の魚でも、これだけの味なら、たいしたもんだわ。

 写真は、クロソイとマダイの造り、一緒盛り。
|

《370》海上釣り堀オーパ!!

2009年1月22日 13:47
ce391d69ddc02ede22d4ec294b18e9c0[1].jpg
 お待たせいたしやした。

 20日にオール阪神さんら5人の仲間で釣った、大阪・泉南郡岬町にある海上釣り堀オーパ!!さんでの釣果っす。

 朝7時スタートで、一般の方々より早めのお昼前には、写真を撮ったりするんで納竿しましたが、メジロ、マダイ、クロソイ、珍しいマツカワガレイ...。

 いったい、何匹おるんでせうね。

 マダイばかりの人や、マダイが1匹も釣れずにクロソイだけ10匹以上釣った人とか、水深7メートルの網の中とはいえ、中層を狙うか、底専門にズボで探るかによって、オサカナさんの種類がかたよりますたな。

 オイラは、青物はダメでしたけれど、まんべんなく釣りましたわ。
|

休みました

2009年1月21日 23:56
すんませんね。ちょい疲れてるのか、イライラして、胃がキリキリ...。

今夜、ってか木曜22日には、釣り堀のことや、そこのオサカナのことを報告するつもりっす。
|

《369》薄いけれどアツいあのハムカツ再現

2009年1月20日 02:14
bb15a3f4ffc0a6df1dc2fe572672f305[1].jpg 故郷、新潟のガキンチョ時代。そろばん塾(はやってますた!)帰りに立ち寄ったんが、お肉屋さんす。

 そこのオバチャンが、揚げたてのハムカツを作ってくれるんだよね。

 チビっ子にはうれしい1枚5円。

 ジュバァァァァー(入れた音)ジュジュゥ~!チチチチチィ~(揚がりつつある音)=オイラは、なんて、ゲイがコマかいんでせう(1人爆)。

 このハムが、周り真っ赤っかの、一番安いヤツでさ、んで薄切りなんすよね。

 でも、カリッとした、あの揚げたての味は、幼心にジーンと染みいる、ゼイタクなもんでやんしたぁ。

 その懐かしのハムカツが、真夜中っていいますか、先日の未明3時くらいに、トイレ行った帰り、無性に食いたくなっちゃったんだわさ。

 あい~。んで、作りますた。

 冷蔵庫をまさぐっていたら、ロースハムの薄切り発見!よしよし。

 あとは、簡単。小麦粉を少量、水に溶いてとぉ、細かいパン粉ちゃんまぶしてとぉ。小さめのフライパンに、ヘルシーオイルを小さじ半分程度たらすだけ~。

 揚げるんじゃなくて、揚げ焼きといいましょうか、炒め物みたいですけれど、以前にも紹介させてもらった、一口カツレツと同じ要領っす。

 これでも、十分、それっぽくなりやすから、たくさんの油なんて使う必要なしっす。ヒャハハ。

 3枚作ったよ。

 ソースは、例によって、ウスターに水足して、醤油をチロリと加えた、ショボショボの。どこまでも、あ~どこまでも続く、この安っぽさが、レトロをかき立てるわけっす。

 白飯も食いたい。ってんで、さとうのごはん!をチン2分。

 ソースに2度漬けどころか、4回、5回と漬けて、ソースまみれにのシミシミにしたハムカツさんを、ガブリンコ。ご飯パックンコ。

 写真は、食べかけ。

 うんうん。この味れすぅ

 ウルウルリン

 あや~幸せなり!(んな時間に、食うからメタボなのにぃ)。

 懲りない、オッチャンす!

 でも、ちょっとカワユクね(書いたあと滝汗)。

 ヤンヤ

 ※20日は大阪・泉南の岬町にある海上釣り堀へオール阪神さんたちと行ってきまする。デイリーへの入会交渉して、ほんで、オサカナも釣っちゃおうぜぇ。
|

《368》垂水「光栄」のウマヅラ薄造り

2009年1月19日 03:21
2c11b29e63e41cefee5cd4275b25cfb3[1].jpg 先日、久しぶりにJR垂水駅近くの「光栄」さんで、あのウマヅラハギの薄造りを食べますたぁ。

 650円!は安いよね。

 いまごろの季節だけ、黒板のメニューに載りますけど、大きなウマなんで薄ピンクの肝もたっぷり。

 なんたって、オイラが2度目の神戸転勤で来た7年前の1月に、先輩に紹介された「光栄」さんで、初めて食べたのがコレっす。

 もちろん、その前の転勤時代、もう13年以上も前の5年間には、別のお店で食べて、感激したものです。

 神戸の白身魚文化とで言いやしょうかね。真夏の青ベラの洗いにしても、とにかく美味っすよ。ポン酢モミジおろしとの相性がたまりませんし。

 もちのろん、おかわり!

 冷えた純米酒が、似合いまふ。

 あ~、自分で釣りたいけれど。

 いまだに、ちゃんとした初釣りができてません。実は、少し前に、こっそり林崎漁港の堤防で竿出したんですが、オオシケのさなか、3時間粘って、エサ取りすら1匹も釣れませんでしたわ......。寒くてギブでしたな、あんときゃあ。
|

《367》会社ビルでボヤ!にビクッ

2009年1月18日 03:10
 神戸新聞やオイラのデイリースポーツのほかラジオ関西とか関連会社、飲食店などが入居している神戸ハーバーランドの神戸情報文化ビル18階業務用エレベーターホールで17日午後6時40分ごろ、ボヤがありました。

 オイラは休みでしたけれど、11階の編集局にいた釣り事務局のオネイサンから「会社が、いま、たいへんなことになっちゃってます。ウチのビルが火事で、外から煙も見える」って、留守電。もうビックリっすわ。

 火の気のない場所で段ボール箱などが焼け、全館に避難指示。約25分後に消しとめられたそうですが、4階の松方ホールで開かれていた「1・17メモリアル・コンサート-詩の朗読と音楽の夕べ」が一時中断。女優の竹下景子さんや観客約500人が避難。約40分後には再開したそうっす。

 社内にいたオイラたちの仲間や、飲食店利用者ら計約400人も避難したんで、社屋の周辺は野次馬もきて、人があふれ、大騒ぎになりましたって。けが人はなくて良かったけれど...。

 元日の未明にも今回と同じ場所で段ボール箱などが燃えたことがあり、明らかに不審火。いい加減にしてよね。
|

《366》震災

2009年1月17日 11:19
1964年6月16日の真昼に新潟大地震にあってから、2度目。

転勤で神戸の須磨区に住み、あの大揺れの未明...。

1年前にも書いているんで、もう詳しくは述べませんけれど、3週間後くらいに東京へ臨時転勤させられたときに感じた、あの被災していない人たちとの温度差!

神戸へ早く戻りたい気持ちが、一段と強くなったのを覚えていまふ。

あのとき、まる5年いて、神戸の人間になったのを感じますたね。

亡くなられた方々のご冥福を、改めてお祈りします。
|

《365》急きょ新年会す

2009年1月16日 16:00
f0fb9eed24bf187db9d5fb2d1e0089d0[1].jpg
 2月17日(火曜)に大阪新阪急ホテルで開く、デイリー釣り指定店会の総会とパーティー。

 昨日は、招待状なんかを持って、サンテレビへ。ちょうどスタジオ収録日なんで、かなりの人が集まっていますた。

 そんな中で、「新春女性釣り大会」に出演していた、ラジオ関西の藤原正美さんが、自らの地元、須磨の居酒屋さんで新年会を企画。

 オイラも、突然、誘われちゃって...いくいくぅ。

 次の仕事が待っているオール阪神さん、朝宮真由さん、メバル釣り帰りの安田明彦さんを除く、かなりのメンバーが、ほならいこかぁ~ってことに。

 永田まりさんは、代行運転頼んで、生ビール一気飲みで、例のガハハ笑い。オイラは安陵真理子ちゃんの隣で、今井浩次さんと日本酒のノミ比べ。

 ワケギと鳥セセリ身の鍋でしたが、ワケギがことのほか美味ですたね。お客さんやら、マスターからのワインの差し入れも、うれしかったですね。うんうん。

 いや~久しぶりに、しっかり酔っぱらいますた。朝10時過ぎまで、爆睡っすわ。
|

《364》カマスのキズシ!執念で成功す

2009年1月15日 06:40
a7eac618565c258237e14bca366b6fd1[1].jpg
 んでもって、まだ起きてまふ。

 カマスのキズシ作りだわさ。

 生ゴミ出して、朝6時、酢漬けから引き上げたカマスさん。

 う~ぬ。やっぱ、チョッピリしょっぱいけれど、イケなくはないっす。

 ていねいに、水分をペーパータオルでふき取ってとぉ、切れ味鋭いマイ包丁で、飾りを入れて、サクリサクリとぉ!

 はい!盛り付け。

 10枚の写真を接写で撮っても、ピントやアングルで気に入るのは2~3枚ですかねぇ、いっつも。

 トップの写真が、まぁ、それっす。

 埼玉県の清水酒造、無濾過中取り純米生酒「亀甲 花菱」を、少しだけヌル燗にしてとぉ。

 うはは。夜明け前の魚料理を味わうんは、オツなもんでやんす。

 えっ?出社前に、そんなことしてイイのって?

 あ~、また湯たんぽの入ったベッドへ行きますがな。もう一眠りしまふ。

 でも、これがさ、オイラのお仕事なんだよね。ブログ用すけど。

 本日は、午後3時くらいまでにポートアイランドのサンテレビへ。

 ウチのデイリー釣り指定店会の総会&懇親パーティーは2月17日(火曜)に大阪の新阪急ホテルで。

 オール阪神さんや、今井浩次さん、安田明彦さんをはじめ、「明石海峡」を歌ったキングレコードの歌手・朝日久美子さんとかもお呼びします。

 今日は、サンテレビの局スタジオで「新春女性釣り大会」の収録と、引き続きオンエアがありますんで、出演者集結。

 このタイミングに、プロデューサーや、今回は、永田まりサンとかにも、正式な招待状を持って行かねば、ねぇ。

 他のペンキャスターさんや、関係団体サンへの招待状は、おっつけ投函しますんで、南出正太郎さん、佐藤功さん、塩見孝男さんたち、待っていてね。

 もし、このブログ見たら、2月17日夜は、スケジュールあけておいてちょ。

 ってさ、カマスのキズシ美味いすわ。純米のヌル燗に合います。

 こうなったら、4~5切れは残してと、出汁昆布!お酒を指でヌリヌリ。キズシを並べて、昆布でクルクル巻きの、ラップしてさ、輪ゴムでビシッ!

 ウヒャハ。キズシの昆布〆仕込みじゃわ。どんなお味に仕上がるか...楽しみっす。
|

《362》居酒屋放浪癖...新開地の立呑み処「赤ひげ」

2009年1月13日 23:59
5159b36b4f92bd863ace60d22490dd09[1].jpg
こんちですぅ。

 寒うて寒うて、かないまへんなぁ。ったく。

 さて、先日の夜9時ちょい前、神戸市の新開地にある、立呑み処「赤ひげ」へ。

 久しぶりっすわ。

 JR神戸駅近くの「たすけ亭~」が、予告通りオヤスミ(12月から通算2度目らしい)したんで、メトロ神戸っていう情緒たっぷりの地下街を、の~んびり歩いて、神戸高速線の新開地駅東側を地上に出ると、大通りのカドにあるお店っす。

 めっちゃオモロ~でしたな。

 ほぼ満員の賑わいっす。

 左隣の65歳くらいのオッチャン。漫画みたいな赤い顔で、目の周りだけが、さらに特別赤くなっちゃってさ。

 このオッチャンが、お勘定、払った払わんのケンカっす。代金2500円くらいだったかな。

 「さっき払ったろがぁ!」

 バイトの男子2人「もらってません!」

 マスター「お客さん、大声出したらアカン。酔いすぎやぁ。第一、人聞き悪いやろ」に、「払ったら文句ないやんか。チクショー。ほらぁ!」とポケットから、しわくちゃの千円札3枚を、オイラ寄りのカウンターにタタキつけたオッチャン。マナわるう~。

 マスターも、けっこうな年齢だと思いますけど、負けてません。「お客さん!ここじゃあ、みんなの迷惑や。表、出いや!」

 外へ連れ出すと、怒鳴り声がしばらく...。オッチャンが、謝ってお開き。

 バイト君いわく、今年に入って、もう2回目の言いがかりだとか。

 さて、アッシの背後には、若い夫婦アンド、カウンター下になんと!5歳と4歳くらいの兄妹が、カベを背に、ちょこんと、こっち向いて、しゃがんでいる。

 「パパぁ、それ(ビール)飲むん、もう止めて。臭いねん」と、お兄ちゃんの方。

 「ほな、チューハイ!」。夫婦とも、かなり呑んでる様子ですが、まだまだ終わるムードではありません。

 チビちゃんたちは、ウーロン茶のんでさ、チクワかじったり、妹は銀紙をグチャグチャ噛んでて、ママに叱られたり。

 んでも、ゴレンジャーの話題で盛り上がり、楽しく遊んでまふ。

 どこかから、お客さんの感想。

 「まだ幼いのにぃ、こんな店に連れてきてよぉ、あのガキ、ほら、もう悪党ズラになっちょるわ。将来、心配やなぁ」

 子供に罪はありませんけれどね...なんか、かわいそ。もう、帰ればいいのに。


 この「赤ひげ」は、激安にして、美味いもんだらけっすから、超人気店。

 トップ写真にした、マグロすきみ150円。トロロ昆布や薬味ネギ入りで、スープも、いいツマミになっちゃう湯豆腐が100円。

 この湯豆腐ね、よく100円で頑張ってますわ。ほんま!すごい!

 日本酒(白鶴)正1合ビンが270円。

 ナマコ酢やカキ酢200円。このナマコ酢はポン酢、大根おろし入りで量もある。

 ブリカマ塩焼き250円。しかも最高に美味っすよ。

 熱々わかさぎ天ぷら山もり150円。串カツ60円~。

 ビリ辛高菜漬け物やキムチ風の豆もやし90円だわさ。

 本日のお刺身は、マグロすきみのほかに、ハマチやマダイが190円す。お魚の仕入れの腕...ってか、安く良いモノをという担当者の目利きは、たいしたもんす。いつも感心するのです。

 んで、オイラのお勘定は、計2160円ですたぁ。
 
 内訳は...日本酒2合、ビール中ビン1本、芋水割り1杯、マグロすきみ3皿!湯豆腐が1杯、ナマコ酢おかわりして2皿。以上。

 まだ、あの子連れ家族います。

 途中で酔っ払い年増女も入場!お客さんにチョッカイだしたみたいで、怒られてます。

 お金持ちってか、羽振りのいい人は、来ないでしょうけれど、とにかく、いろんな職業の人が、たくさん出入りしてます。

 生活苦、就職難、競艇、競馬、女遊び、ハッタリ...耳に入ってくる会話は、サマザマですが、人間観察や、世相を肌で感じるには絶好の場でしょうか。

 会社に、もしも、世間知らずで、アタマのカタ~イお偉いさんとかいたら、たま~に、こういうお店に来て、小1時間でも呑んで、回りの人を見たり、話したりすれば、世の中のお勉強になるのにね...とか思います。

 合計450円で飲み食いして、パッと帰る常連さんもいます。

 オイラ、不況の中でも、こういう店が、最後の最後まで生き残るんちゃうかなぁ...て、んな気がしまふ。なくなってほしくないよね。
|

《361》成人式...あぁ~ヘキサゴンみたいなぁ晴れ着集団が

2009年1月12日 17:35
39de9eff42ebcd630a277f56e6d9abad[1].jpg
 出社途中のことですた。

 青空なのにチラ雪。

 きょうは、バスやら電車、駅のホームに、きれいなオベベのオネイサンが多数。

 成人式なんすね...。

 しっかし、一生に一度か二度の晴れ着姿なのに、みんな同じような化粧顔とヘアスタイル。個性があるのかないのか?

 電車ん中や、駅のホームでもギャーギャーワイワイ。バカ笑い、ってかオバカ丸出しの子が多いしぃ。

 なんかさ、あのヘキサゴンファミリー?みたいなぁ...。明るく、元気なのは良いことだけどね。

 辛辣に、あえて独断偏見で言わせてもらえば、化粧してさ、やっとこさ友近さんクラスや、天童よ●みちゃんクラス...あっ、ファンの方、ゴメン。

 なかなか、これはカワユイって子が少ないっすね(あくまで個人的好みの見解す)。

 そんな中で、ひときわ目立ったのが、黒パンツにスーツ姿でボイン強調の女性。

 断然セクシー。着物持ってなかったのかもしんないけれど、ボーイッシュで好みっす。

 男性はというと、きっと安モンのスーツなのかね、見るからに生地が薄いんだわ!気張って、コートとか上に着ないしぃ。

 寒さで、ガタガタ震えているヤツが多かったなぁ。

 でも、姿形じゃあないからね、人間は!ヘキサゴンっぽく見えても、案外、オイラなんかより、しっかりした若者たちだったり。人を侮ってはイカンかった。

 そういやさ、オイラが20歳のとき...って、35年前には東京にいたけれど、成人式なんて出てません。スーツすら持ってません。ヘキサゴンどころか、うさんくさい風体だったかも。

 たぶん、日曜とかだったら大井競馬場とか、埼玉県の浦和か、神奈川の川崎か、千葉の船橋競馬。

 あるいは、水道橋で降りて、後楽園の中央競馬場外の片隅に、しゃがんでおったかも、ですぅ。貧乏で、みじめだった。オシャレとか、彼女とか、まるで縁がありませんでしたから。

 ビール瓶や、サイダー瓶(ビールより高い)拾って、お店に売ってたりしてた時代だしぃ。ううう。

 ※強風波浪注意報が連日...釣りに行けず、ちとイライラしてまふ。原稿もないし。アセアセ。
|

《360》安くて美味な讃岐うどん「麦まる」

2009年1月11日 14:04
c821920319fd0a5b38d07a2b97856c32[1].jpg
 神戸は、いい天気っす。風は冷たいけれど、会社の窓から見える神戸港の海や、明るい景色は、とても真冬とは思えませぬわ。

 きょう、明日ともに編集局で広島版デスクと、来週の釣り特集出稿。あっ、きょうは釣り事務局のオネイサンがお休みっすから、釣果表も作らねばぁ。

 う~ぬ、けっこう忙しいかも。

 さて、本日は、魚じゃあなくて、讃岐うどん。

 会社のある神戸ハーバーランド近辺には2つ、いわゆるセルフ型の店がありんす。

 その中で、オイラが出勤前に立ち寄るのは、JR神戸駅下の讃岐製麺「麦まる」さんっすね。

 生醤油、釜玉、ざる...トッピングも90円のナスの天ぷらから、100円おにぎりなど、いろいろありますけれどぉ、やっぱ、基本はカケ。

 つまり、ただの「讃岐うどん」っす。

 っていっても、薄揚げの千切り、薬味ネギは入ってまふ。天かすは自由だけども、アッシは入れませんね。シンプルにね!七味とかより、ショウガをチョビッと入れまする。

 並250円。大370円っす。うどんは、どこも似たり寄ったりっすが、ここのはダシが薄味で、イヤな甘さがないのがいいんだわ。

 あふぅう、あふぁふ...チュルリンコ!お腹、あったまりまふよ。

 普通の駅そば、みたいなぁ立ち食いより、お得だと思いやす。おうどん食った!って気がしますもん。
|

《359》カニやら牛やら鯨...千円で豪華買い物!

2009年1月11日 00:14
ad52f240c67126367765f5cab0312817[1].jpg
 ズワイガニの活ロシア産1200円。

 神戸駅のスーパーコーヨーさん。

 ハッハハハ!

 当然、オイラさ、体調上向きになったから、午後8時すぎまで、時間つぶして、待ちま~す。

 カニ!7杯残ってますたぁ。

 半額の600円になってますら。アヒャヒャ。

 1つずつ見比べ開始~。

 おっ!1つだけ口動いてるし、戻したあと、あれほどラップでキチキチなのに、左腕動かしてるぅ!元気!生命力強ぇ~。

 ハイ!あなたに決まり。オイラが、キッチリさ、美味しく食べますから、成仏してね。

 んで、ほかに見てると、解凍鯨のベーコンの、まぁ、きれっぱしの方だけれども、3割り引きで300円くらいかな。



 さら~に、和牛のモモたたき...これは半額で200円以下。

 牛は5切れがほとんどでしたけれど、中には大きさいっしょなのに、6切れもありました。

 こいつは、グラムで分量を計ってませんわさ。

 何かの都合なんざんしょうねぇ。よっく見ていれば、スーパーには、そういう買い得品ちゅうか、穴みたいなものがあるんです。よっく観察することが重要っす。

 当然、8つくらいパックあるなかで、6切れのヤツ選んで、いったん買い物カゴにいれましたが、少し、イジイジ、その場に粘っていあたら、レジのお姉さんが来て、たぶん、返却のモノをポンとオイラの前に。

 んあ!

 これ、6切れで、しか~も、1つの切り身がオッキ!

 決まり!それ、オイラんのっす。

 3種買って、1000円と数十円。安い...って思いませんことぉ。

 あ~、久しぶりに主婦しちゃいますたぁ。う、うれし~!
|

《358》好物!牛丼屋の紅しょうが

2009年1月10日 16:15
dc55fee2948415ee11ef205edb7f597f[1].jpg
 久しぶりに、吉野家へ行きますたぁ。

 松屋は、味噌汁付きっすけれど、やっぱ牛の味は、オイラ的には吉牛っすね。

 ほらぁ、昔の丸美屋でしたっけ「すき焼きふりかけ」ってありましたよね。あれが、牛肉の味なんだ!って、インプットされてますから。だって、牛肉なんか、子供のころ、食べたことなかったもんね。

 あの、ふりかけの牛の風味が吉野家には、ありんす。

 しか~し、アッシが、そこへ足を運びたくなる一番の理由は、あの食べ放題の紅しょうがっす!

 ハッキリいって、ああいうところの七味唐辛子もそっすけど、いくらかけても、あんま辛くない。安モンって言ったら失礼かもしれませんがぁ、だって、ほんとに辛くないんだもんね。

 んで、オイラ、紅しょうがは牛丼の肉が見えないくらい、かけますね。あの酸味がたまらなく好きなんですぅ。

 ご飯に合いまする。すぐなくなるから、さらに、バサッバサッっとおかわり紅!

 そういやぁ、ガキのころ、ナンカ屋(いわゆる駄菓子屋のことですが、新潟では、そう呼んでいたっす)さんにあった5円の、薄~いお好み焼きは、ほとんどキャベツと紅しょうがでしたわ。

 ソースもべしょべしょで、いまあのソースを再現しようとしたら、ウスターソースを水で薄めてさ、ちょっろ醤油を加えるんですけどね。

 たま~に、ウチでやってまふ。

 けれど、辛くなくて酸味だけの、牛丼屋さんの紅しょうがだけは、マネできまへん。だから、ときたま、無性に食べたくなるんですぅ。

 口の中、真っ赤っかでも、懐かしい味なんすねぇ。ウルウル。

 吉野家の牛丼並は380円。ワカメの味噌汁50円っす。あそこのお新香も、意外にウメェよね。うんうん。

|

《357》呑み復活す

2009年1月 9日 20:59
542069c7df5e32ebf625c19d9b41bba3[1].jpg
かなり、体調不安が薄れたんで、いつもよりは軽~いペースで呑み復活すわさ《爆》。

ここで、少しはさ怖じ気づいて、ちょっとの期間でも止めたらいいのに、って言うのはカンタンすけれどね~!

ほんに意志薄弱っすわ。

んで、JR神戸の炭火焼き鳥《鳥羽西店》へ、新年のご挨拶ぅ。

2本か200円の焼き鳥で、ただでさえヨソの1・5倍の量はあるなかで、一番好きなんは、ナンコツ塩すね。

ナンコツには、ヒザと手羽がぁござんすがぁ、あーた!あるなら手羽すよ!うんうん。

鳥羽じゃあ、通称サンカクで~す!

よそのサンカクは、軟骨のみってばやいが、おおざんすがねぇ、ココの軟骨にまとわりついたさ、お肉の量を見ておくんなましましぃ。

ただーし、毎度はありあせん。

早いもん勝ちっすからぁ、気ぃつけなされや。アヒャヒャ!
|

一日休みまふ

2009年1月 8日 23:25
少しばかり体調が、もう一つのため...明日の夜まで、ゴメンね。
|

《356》無病息災...あったか七草粥!

2009年1月 7日 23:31
3b81333fc473f9e5892beb2bc321f35c[1].jpg
 きょうは七草粥...お正月の1月7日に無病息災の祈りを込めて、いただく中国伝来の風習で、平安中期ごろから始まったんだとか。

 皆さんのオウチでも、召し上がりましたかぁ?

 オイラ、もともと、ただの御粥サンとか、中国粥や雑炊なんか大好きですけれど、本日も作ってもらいやした。

 冬場は、特に、温かくて、お腹に優しいよね。ちょっとさ、ポン酢なんか垂らすのもイイんだよねぇ。

 おかわりは、2杯目が若狭名物、小鯛ささ漬けを。

 3杯目には残りのオモチと、梅干を1つ入れてみました。

 あっ、小さいお茶碗だから、3杯食べたって、驚くことはありませんよ。

 事情があって、前日の昼から、エネルギーになりそうな、お米とか、固形物をほとんど口にできんかったんで、やっと食べてもいいことになった夕方には、もうお腹が減って減って。

 アクアエリス、ポカリスエットとかが、こんなに甘くておいしいとか、やっぱ、質素な料理でも、美味しいって食べられるのは幸せなことっす。

 睡眠も不足気味。きょうは、早めにオネンネしまふ。

 いろいろ、体調のこととかで、ご心配をかけた方もいますけれど、大丈夫みたいっすから...。ホンジャねぇ。
|

《355》カツオ大漁!海に異変?のニュース

2009年1月 6日 20:58
5c013021db7eff60851278388b48180e[1].jpg
 和歌山の紀伊民報さんによると...一部抜粋、再編集&加筆させていただくと、


 ●「すさみケンケン鰹」でブランド化を目指す、和歌山県すさみ町周参見の和歌山南漁協すさみ支所で5日、この時季としては非常に珍しい大量のカツオが揚がった。約10トンもあり4月の最盛期に匹敵。漁協関係者は「1月にカツオ大漁は漁協始まって以来の珍事」とか。県水産試験場(串本町)も「この時季にこれだけ揚がる理由は分からない」と驚きを隠さない。

 1匹の重さは1・5~7・5キロとさまざま。最高値は約3キロのカツオ。1キロ1280円。漁師によると、前日の4日から釣れ出した。漁場は近く、沖合9~15キロに19~20度の潮が入ってきているという。本来初ガツオの走りは2月に入ってから。今回は『初ガツオ』とも『戻りガツオ』とも言えず困惑。「こんなことは今までなかった。何か海で異変でも起こっているのか」とベテラン漁師は口をそろえるているんだとか。

 県水産試験場は「黒潮北縁の膨らんだ暖かい海水部が周参見~串本沖に入り込み、冷たい沿岸水との境辺りが漁場になったようだ」。●


 などと報じていまする。

 
 黒潮の動きが、おかしいんですね、コレは。

 高知の室戸岬沖では1・5キロ以上のスマガツオとか、まだまだ遊漁船が釣っていますもんね。水温20度以上あるし。

 そのかわり、いつもなら、いま時分に釣り船でにぎわうメジロ~ブリが、あまり釣れてません。年末にも知人が室戸へ行ったけれど、二枚潮で釣りにくかったせいもあるだろうけど、2人でマダイは4~5匹きたものの、メジロ1匹しか釣れんかったと嘆いてますたわ。すさみ方面でも、メジロのシーズンのはずですが、回遊のニュースは、まだありませんな。

 んでいて、オイラの暮らす神戸市に近い明石海峡周辺では12月、本紙記事にもなりましたが、7~10キロ級のメジロ~ブリが、ノマセで釣れていますたね。水深も浅かったよな。

 そういや、昨年9月ごろにはさ、ハーバーランドの会社の窓から見えそうな海域で、陸からバショウカジキが掛かったとか、船でクロマグロを獲ったとかのハナシもあったね。

 う~ぬ。地球温暖化...ってか、自然環境激変化、異常気象などという言葉が浮かびますし、やっぱ、ここ数年間、いままで獲れない魚が獲れたり、釣りでも1カ月くらい時期がズレたりしている海の様子が、ヘンテコリンなのは、確かっすよね。

 昨年も北海道の積丹半島周辺で、いないはずのタチウオとか、石鯛、カンパチが揚がったとかいうハナシを聞きましたしぃ。

 釣り...ちゅ~か、魚の動向を見ていると、何か、自然に、大きな変化が起こりつつあるとゆうのを、肌で感じてしまいますよねぇ。

 怖いっすぅ。

 ※あっ、トップの写真は05年1月中旬に室戸岬沖でチーム・アイランズの大会があり、そんときに釣れた大漁のメジロっす。今回のカツオじゃあありませんので、あしからず。

 ※近藤さん、コメントあんがとね。年賀状くれた東京の臼井先輩!も、たまにココ来てね!ほんじゃぁ。
|

《354》美味!レンコン唐揚げ

2009年1月 5日 19:31
20ddfa504fa283dcd6d378d9ac58640b[1].jpg
 鳴門の遊漁船「西村釣船」の西村船長は、釣りそのものも趣味だけれど、自分の畑でレンコンを作っています。

 ワカメや金時イモ同様に、鳴門のレンコンは美味。

 鳥羽の牡蠣みたいに、味が濃いんです。天ぷらにしても、サクって歯が入って、身がヌルって感じ。

 先日、少し、頂いた残りを、薄くスライスして、家人が唐揚げにしてくれますた。写真は、垂水の、やきとり「光栄」さんのモノすけれど、薄くすれば、パリッと揚がりやすく、しかも、しっかりレンコンの旨味が滲み出てきまふ。

 簡単で、おいしいから、試してみてね。

 週末は天気良くないみたいすが、皆さん、体調に気ぃつけてね。

 明日は、どこかで釣りしたい気分すが、オール阪神さんの原稿が届かないんで...。出先から、今夜遅く、手書きFAXしてくれるそうっすけど...。

 ちょっと、オイラ自身の体調の悪いところも気になって、夕方までには病院いかんと、ヤバいかもっす。ご心配かけて、すんません。ホンジャねぇ。
|

《353》活気

2009年1月 4日 19:24
eef3029dfd9f30bdfdf0f0f4f8c7d33b[1].jpg
 年明け、初出社っす。

 ここ、神戸ハーバーランド11階のデイリースポーツ編集局内は、ギャンブル班(レース部)をのぞくと、だいたい午後2時から動き出すんで、まだまだ、一部のデスククラスや、校閲さん、早出の整理さんがいるくらいっす。

 写真は、オイラの席(神戸港を一望にできる明るい窓際だったのに、昨年の途中から窓のない奥の奥の壁際へ移動)から見た、編集局でっす。

 人影はマバラだわさ。

 テレビは、ざっと数えただけで20台以上はあるかなぁ。

 午後3時くらいになれば、相当の活気っすね。

 30数年前、東京・池之端の水族館前にあったのが東京本社。初めてドア開けて、取材本部へ足を踏み入れたときのムンムン熱気は、いまだに忘れられません。1月でしたから、暖房のせいもあったんでしょうがねぇ、暑いのと緊張で、汗がダラダラ。

 んでも、働く人がイキイキして、迫力あったよな...。みんな、声でかいし。

 ま、あのころは、ケータイ、パソコンどころか、ワープロやFAXもない時代。原稿書くのは、もちろん原稿用紙だし、速記班な~んてのもあったなぁ。

 
 そして...現在は、オイラの目の前に3台のパソコン。
 
 これを、同時にあやつるわけです(ちょびっと自慢?)。

 でも、こんなことになるなんて、昔、考えられませんよね。想像もできませんでしたよ...。うんうん。

 きょうは、釣果作成の頂あつ子オネイサンや、坂本&大加戸のウルサガタ先輩もおらん。

 ここの島は、アッシ1人す。わ~い、王様だ~い!

 たまったFAX、メール、年賀状、郵送物とかを整理してぇ、釣果欄を打って、今井浩次さんの原稿見て、写真出して...。石井克己さんからは電話があって、FAX原稿きたけれど、オール阪神さんや安田明彦さんからは、原稿こないしぃ...不安、心配(汗)。

 結局、夜7時になっても、自分でやらなきゃいけない、鳴門ミミイカマダイや、鍵庄さんとこでやったプロ野球選手の原稿2本、手につかず。な~んも、1行も本文書けませんわ。写真説明くらいは書いたけど。

 そろそろ、腹減ったしぃ、炭酸系が呑みたい時間っすし...。ううう。

 ってか、朝、垂水の老人ホームからの電話で起こされたんすよね。94歳になる母が、ずっこけて病院へ。ある場所を骨折したんで絶対安静。ちゅ~わけで、これから母にも会いにいかなアカンしぃ。きょう、もう帰って、遅くにウチで書くか、朝やるか?

 あ~!オイラも体調よくなくて、病院行かねばならんのだったわ

 ホンジャね
|

《352》明日から出社っす!

2009年1月 3日 23:38
91e019957d430a85b890773c23c65ae3[1].jpg
 オイラの、お正月休みも終わり。

 とゆ~わけでぇ、ブログのデザインも、元に戻しますたぁ。お正月気分はオシマイっすから。

 明日から出社。またまた、忙しい毎日が始まりますわ。

 って、忙しくさせているんは、自分が怠惰なせいすね。約束の原稿2本、まだ書いてないしぃ。

 会社行って、書こぅっと!

 やっぱ、休みだと、酒呑みますよね(休みじゃなくても)。

 トシのせいか、眠くなっちゃって、原稿書くのが、ものすごくオックウですぅ。

 ホント、ギリギリにならないと、やらんようになってしまいますた。もし、自分に、のっぴきならない用事とかが、突然、割って入ってきたら、困るのにねぇ。そんなことは、ない!って安心しきっている...つうより、油断しまくり。

 あ~、ちっとも変わろうとしない。進歩しようとしてない自分...。ある意味、あきらめてますけれどねぇ。

 さて、写真は、昨年12月中旬に鳴門で釣ってきたマダイの塩焼きっす。

 釣れた日に、ウロコ、エラ、内臓を処理して、急速冷凍しといたヤツですが、自然解凍してね、じっくりと焼き上げますた。

 ガスコンロの上に、小さめの金網だったんで、イスを持ち込んで、どっかと座ってさ、火の番をしながら、アルファを呑み呑み...。

 マダイには竹串を何本か刺してあるんで、いろいろ角度を変えて、焼くポイントなどを調整。

 新潟の「浜焼き」や、囲炉裏端の串焼きみたいに、遠火の強火が理想なんでせうけど、できないから超弱火で、あまり焦がさないように、そばに付きっ切りで、手をかけなくてはいけません。

 これが、美味かったっす。自分で言うのもナンスけれど...ヒャハハ。

 そりゃあ、素材は一級品ですがね、余分なヘンな脂はないし、身の締まり具合が抜群。

 解凍しても、これだけの味があるってのは、さすが、鳴門のマダイですわ。

 塩加減もグウっす。ヒレにしか、化粧塩してませんけど、その塩が、適当に身の方へもパラパラ付着しますからね。こんな程度で、ちょうどイイ感じに仕上がりまふよ。ちょい大きめのマダイ、もう1匹あるんで、今度は「塩釜蒸し」にすっかなぁ。

 ※年末から、体調イマイチなんで、結局、この三が日は釣りに行かず。明日、会社行って、たまっている釣果FAX見ながら、どこへ釣りに行くか、考えますわ。

 それと、コメントくれたTさん...あんがとねぇ。平磯のパーティーに行けてたら会えたのに、確か、オイラは三重の方に取材で出てたんで...残念でした。でも、ウチの紙面には、かわゆい奥様ともども、よく写真載ってますから、お会いしたことがなくても、知ってるような気分っす。
 ホンジャねぇ。
|

《351》嗚呼!青春のフォーク

2009年1月 2日 22:00
8e757a45c99820d2b3b8210819744009[1].jpg
 BS2でやっていた、永遠の音楽、大集合!青春のフォークソングを、最後の夜10時まで見ますたぁ~。

 岡林信康さんの「♪チューリップのアップリケ」に涙しました。

 昔は、そんな泣けるって感じじゃあなかったのに、このトシになって、改めて詩をかみしめると、自然に涙がにじんでしまいまふね。

 南こうせつさんの「神田川」の、あの三畳一間!にも、懐かしさが...。

 オイラも20歳のころ、東京大学の近く、東京都台東区本郷追分の、2階に大家さんがいるスタイルの1階の貸し部屋に、少しの間、住んでいたことがありんす。

 ほんとに三畳。荷物もあるんで、オイラは押入れの下にフトンを敷いてさ、寝起きしていたんす。

 夜中に酔っ払って帰ると、玄関のカギ締められていたんで、窓から入りました。

 イルカさんの「なごり雪」は、阪神淡路大震災の3~4週間後だったでせうか、東京で思い出があります。

 地震で壊れて、立り入り禁止になった三宮駅前の会社から、ちょっと山の方へ行った伊川谷の制作センターの社屋に、ほとんどの仲間が集結。新聞取材の基地にしていたんすけれど、オイラは臨時社会部みたいなところから、急きょ、本来の整理部員として、新聞を作るために東京へ。

 約1カ月、門前仲町とゆ~か、深川のそばの木場という地下鉄東西線の駅がある近くの日本経済新聞社の分室みたいなとこで、デイリーの紙面をレイアウトしてました。

 再び、神戸へ戻る日の朝、オイラは日本中央競馬会の友人から、いただいた9万9990円まで使える、白紙のタクシーチケットを持って、タクシーに。

 ちょうど、雪が降り始めていました。

 この雪が降って、しばらくすれば、春になるんだ...って思いを胸に、そして、さらば東京という感傷もあって、タクシーで東京一周を考えたんです。

 と、言ってもね、そんなに、タダのチケットだからって、お金使っちゃあ悪いからね、東京環状線?っていうんですかね、ま、とにかく、一周。

 そのとき、運転手さんに、神戸での経緯やら、東京での臨時の仕事なんかを話したら、すっかり意気投合。で、タクシーん中で歌ったんが「なごり雪」だったんす。

 最後は、銀座通りを、ほとんど、なめるように徐行しながら、東京駅へ。

 あれから、数ヵ月後には、転勤命令で、またまた、東京へ行くことになっちゃったけれど、忘れられない情景っすよ。

 青春のフォーク!いいっすねぇ~。ううう。

 って、魚釣りとは関係ないオハナシになっちまって...。許してタモレ。
|

《350》元日の晩飯は...。

2009年1月 1日 23:04
b3eac57df10c276134d6ecb5219666b4[1].jpg
 アケオメっす!

 皆さんは、良いお正月を、お迎えですかぁ?今日は、初夢とか見るのかなぁ?

 今年も、ヨロシク、お付き合い下さいね!


 元日の晩飯...さぞかし、豪華?と思いきや、写真のようなカンタンなモンで終わりました。

 賞味期限、1週間切れていた「エースコックのワンタンメン」に、手でち切った小松菜入れたヤツ。

 左に見えるのは、安売りのチンご飯。1パックで98円だったかな。

 上に乗ってるのは、梅干、ではなくって、12月26日に新潟の市場で買ってきた「筋子」の最後の残り。ま、そのほかに「車えび」とかもありましたけれど...。

 お正月だってさ、こういう、質素?な晩飯もあるんすよね。

 解凍したズワイガニ(980円のロシア産す)は明日、食べますわ。

 4日から出社っすけれど、ウチにいる間に2本、原稿書かんとね。いっつも、ぎりぎりまで、やりませんが...。
|